日々是面白日記 2006年 11月(1)

日々是目次

10月
(3)

10月
(2)

10月
(2)

10月
(1)

9月
(3)

9月
(2)

9月
(1)

8月
(2)

8月
(1)

7月
(3)

7月
(2)

7月
(1)

6月
(3)

6月
(2)

6月
(1)

5月
(3)

5月
(2)

5月
(1)

4月
(2)

4月
(1)

3月
(2)

3月
(1)

2月
(3)

2月
(2)

2月
(1)

1月
(3)

1月
(2)

1月
(1)

10日(金)

●娘が昨日から風邪気味だったのだが、高校のスポーツ大会を終えて帰宅したら、風邪が重症化。鼻水と涙でぐしょぐしょ。
二年ぶりに娘の涙を見て大あわてした。
前回の涙は、たしか息子がちょっかい出しての兄妹げんかだったことを思い出して面白かった。

●娘のそんな様子を見て仰天したが、夕飯に具だくさん豚汁をお代わりするくらいの元気はあるのが面白い。

●午前中、陶芸教室。
昨日絵付けしたご飯茶碗六個を釉掛け。
時間にゆとりがあったので、丁寧にやれた。さてこの丁寧さがプラスと出るかマイナスと出るか、判らないところが面白い。

●昨日白化粧した浅鉢が重いので、もういちど底を削り直し。
表の草花柄が気に入らないが、もう見て見ぬふり。もしかして素焼きがあがってくるとまた印象が変わるかも・・・
バカな期待をしてしまうのが面白い。

●素焼きが完了した、深めの鉢。
どんな絵付けをしようか、考えるのが面白い。

近くで見ると粗いけど、全体はイイ感じ。


9日(木)

●ちゃんと早起きしてゴミ出しができた。
寒くなってくると、こんなことでも自分が偉いなあと思えるのが面白い。

●陶芸教室の日。
一昨日ひいた浅鉢を削る。
高さ7センチ、直径36センチ。きっと三人家族で釜揚げうどんを盛るとイイ感じになるんじゃないだろうか。
朝、pontaさんに鉢の装飾を相談したら、取りあえず内側全面に白化粧しておけば間違いない、と言われたのでその通りにしてみた。
素直なのが面白い。

●しかし、白化粧がたっぷりかかった直径36センチをみていたら、何かしたくなって、細い竹べらでちょいちょいっと、ひっつき虫の草を、掻きおとししてしまった。
楽しかったが、今になって、余計なことをしてしまったと頭を抱えているのが面白い。

●ご飯茶碗6個に絵付けをした。

土は五斗蒔。海碧呉須で絵付け。
明日、釉掛けする予定。市松柄と木に織部釉を置く予定。
高台に線を入れた方が、全体が締まるかな。やってみるか。
全部、同じ柄にしたら作業が早いのが面白い。絵付けで時間がかかるのは、構想の時間が大部分なり。

●パチンコで大当たりを出した話を聞いた。
景気のいい人には景気のいい出来事が集まるらしいのが面白い。


8日(水)

●昨日の大風で荒れたベランダの片付け。
色んなものが飛んできていた。そのなかに女性用下着が一枚・・・
すぐ捨ててしまったが、昨日の大風の中、洗濯物を干していたお宅があったことが面白い。

●下の庭をみると、何かは判然としない洗濯物が木の上に落ちている。
やっぱり洗濯物を干していたお宅があったんだと、感心してしまったのが面白い。チャレンジャーだ。

●毎日ちょっとづつすすめている『どうぶつの森』
住民達と簡単な会話をするのだが、同じセリフを言われても、住民によっては
「おちゃめ〜、しょうがないねえ♪」
の場合と
「おまえなんかに言われたかないんだよ。ムッカー」
の場合がある。
この差は、自分好みの見かけかどうかだけ。
人は、見た目でひいきする生きものなのだとはっきり判って面白い。
人は中味で勝負だと、よく言いますけど、その中味にはしっかり外見も入っていて、しかもその比重は大きいようだ。
「どうぶつの森」実は深いゲームらしい。


7日(火)

●昨日に続き、五キロの土で大鉢をひく練習。
一回目。

朝鮮土5.4キロでひいてみる。
側面を広げていくところで無理をしてぶれる。口径41センチのがひけたけど、土の厚みが同じじゃないので、これはつぶした。

●二回目。

荒五土、五キロ弱(昨日の使い回し)
今度は小さめ(口径36センチ)だけど、うまくいった。
しっかし、失敗したのも、成功したのもどちらもドベ(泥状になった土)が大量に出てしまった。
もっとスマートにひければいいのに。
後かたづけの時こそ、早く上手になりたいとしみじみ思うのが面白い。

●今日のろくろひきで、両手の小指側が赤むけに。
これぞ身を削る修行なのが面白い。

●人づてに聞いた料理、鮭の白子の甘辛煮を作ってみたら、本当に美味しかったのが面白かった。


6日(月)

●pontaさんにiPodシャッフル・クリップの話を聞いた。
名入れサービスに本名のイニシャルじゃなくてpontaのPを入れたってのが面白い。そんなのアリなの?

●pontaさんにイノシシ量産の愚痴を言ったら、よ〜く理解してもらえて面白かった。面倒をさけようとするともっと面倒を抱え込むことになる仕組み。それがわかるお年頃なのだよ。

●そんなわけで、今日もイノシシのお世話。

これだけ作ったのだから、もう作らない。

打ち止め。おしまい!

●五キロの土で、大鉢に挑戦。
うまく鉢の形になったな〜と思った次の瞬間、ロクロの回転数を上げすぎて、遠心力で、一瞬にして鉢の側面がヘタッとつぶれた・・・
あまりの早業に感心してしまったのが面白い。
すごいわ、遠心力。


5日(日)

●午後から陶芸教室へ行って、大量生産体制に入ったイノシシの続きをした。
欲しいという人々を断る時の気遣いより、作ってしまった方が早いし、気が楽なのが判って面白かった。

●イノシシ作りは、ほぼルーチンワーク化したので、手際が非常に良くなったのが面白い。

●イノシシを作りながら、頭では違うことを考えることができるようになったので、作業がさほど苦にならなくなっったのが面白い。

●こないだ買ったDVD『ジャイアント・ピーチ』を見る。
何度見ても面白い〜!
ムカデくんがロクロで土殺ししているシーンに新たに気付いて驚いた。


3日(金)

●陶芸教室でフリマに参加した。
町のローカルな祭りだったのだけど、結構な人出があった。こんなに人がいたのかとびっくりしたのが面白かった。

●フリマのお店屋さんゴッコは面白かった。
わたしは、計算も接客も苦手なのでどうしようかと思っていたら、人寄せサクラに才があったのがわかって面白かった。
客の真似がうまいと誉められた。

●フリマの合間に、教室での「どうぶつの森」仲間と通信してアイテム交換したのが面白かった。

●たまたま、夫の友人が出張先から送ってくれたカニが届いた。
しかも三人家族なのに、タラバガニ足が山盛り。
フリマの打ち上げに、半分持っていった。打ち上げが盛り上がってめでたし。
タイミングの良さが面白い。

●ローカルな祭りだが、サンバパレードがあったらしい。
たまたま、パレードに行き会わせた教室のメンバーが、その衝撃を踊りで表現してくれたのが面白かった。
Hさん、陶芸もうまいがダンスもなかなかだ。


2日(木)

●火曜日にひいた中皿を削る。
ひいたときには口径29センチだったのが、乾燥して口径27,5センチに。
予想してても、一回り小さくなった姿にびっくりするのが面白い。

●昨日、土を乾かす間にシロクマを作っていた。
朝、昨日撮った写真を見てたら、肝心なことを忘れているのに気付いた。

耳が無い〜!
今日、さっそく、竹串の先でちょちょっとひっかいて 耳を描いてきた。
初めてメモ写真が具体的に役立って面白かった。

●今日もイノシシ作りにいそしむ。
こないだ頼まれたイノシシが4セット。もう作るんなら手が慣れてる間に作ってしまえ、ということで今のところ12セットは出来上がる予定。
手が慣れてきたので、出来上がるのが早い、早い。
自分でもびっくりなのが面白い。

●明日はフリマの日。
明日、早起きできるか心配。風邪気味なのでさっき風邪薬を飲んだら眠い、眠い。薬の効きが見事なのが面白い。


1日(水)

●夫が仕事で使うというので、デジカメ一眼レフを買いに出かけた。
夫は下調べをしていて、ニコンのD50にするつもりでいたらしい。が、売り場で触ってみたらD80が欲しくなったらしい。
小学生がプラモやレゴを選んでる様子と大差ないのが面白い。

●あれこれ悩んで、キャノンのEOS kissになった。来週の出張にカメラが必要なのに、D50のレンズ在庫がなかった・・・
夫はがっくりきていたが、わたしは五万ほど節約できてホッとしたのが面白い。

●買い物を終えて、コーヒー飲みながら、夫がEOS kissの利点を列挙し始めたのが面白かった。そうか、そんなにD80が欲しかったのか〜。

●午後から陶芸教室。
昨日、やりのこした作業をちょちょっとやって帰宅するつもりが、先生につかまって、フリマの準備要員になってしまった。
有無を言わさぬ、そのタイミングがすばらしい。さすが、毎日個性の強いオバサマ方を相手に丁々発止しているだけのことはある、と感心したのが面白かった。

jj

日々是面白日記の目次へ