春の植え替えゴールデンウィーク前半

先日、pontaさんと染谷サボテン園さんへ行った
その折に聞いた話の中で

「植え替えは5月いっぱいがギリギリ!」

が頭に残っていて、慌てて植え替えに着手した。

第三者の目で平たくベランダを眺めてみるとあれもこれも、そっちもこっちも植え替えが必要なのばかり。

とりあえず状況が思わしくないのから始める。

 

琴爪菊

琴爪菊
引っこ抜いたら根詰まり&ネジラミ。下葉の枯れ込みが激しいのはそのせいだった。

 

ミセバヤ

ミセバヤ
昨年は成長が悪く花をつけなかった。肥料が足りなかったかと思い、マグァンプ細粒を土に混ぜた。

 

ペラルゴニウムパールピンク

ペラルゴニウムパールピンク
昨年、旺盛に花をつけて調子よかった。多分根っこの成長も著しいと思い植え替え。抜いたら根がすごい勢いでサークリングしてた。毎年植え替えだなー。

 

多肉オキザリス

多肉オキザリス
土が固まって吸い込みが悪くなっていたので植え替え。

 

リトープス

リトープス
微紋玉、日輪玉、黄微紋玉、勲紫玉。一回り大きい鉢に植え替え。分けるのはリスクが大きいと思いそのまま。そしてアドロミクス・フィリカウリスを分けて一鉢作る。

 

フォーカリア

フォーカリア
蒸れたようで株の半分が腐った。取り除いて植え替え。蒸れ防止に表面は洋蘭用土を入れ乾きやすくした。

 

リプサリス(多分)ヘテロクラダ

リプサリス(多分)ヘテロクラダ
大きくなった分、地上部が重くなりよくひっくり返っていた。重みのある陶器鉢に植え替え。

 

シラー・ビオラセア・豹紋

シラー・ビオラセア・豹紋
毎年分球してぎっちりになるので余裕を持って一回り大きい鉢に植え替え。この後柔らかくなっていた球をいくつか取り除いた。花が咲き出してて不安だが丈夫だから多分いけるはず。

 

ガガイモ
フェルニア・ナマクエンシス

フェルニア・ナマクエンシス
今までの鉢が風通し良くなさげだったので植え替え、ついでに管理しやすいよう小さい鉢に分けてみた。

 

ハゼラン

ハゼラン
小さい鉢で小さく咲かそうか迷ったが、ちょい大きめで堂々と栽培することにした。雑草化しそうではある。背が高くなるので足下に斑入り万年草を置いた。

神代植物園のバラ

神代植物園に遠足してきた。

バラ園は早咲き種が咲き出していた。ほぼつぼみ。

神代植物園バラ園バラ園から温室をのぞむ

神代植物園バラ園
ミニチュアのつるバラコーナー

 

いいなと思ったバラいろいろ

 

ファンファーレ

ファンファーレ
開いていくにつれ色変わりしていく華やかなバラ

 

ルビーリップス

ルビーリップス
元気のいい赤

 

パパメイアン

パパメイアン
見た目も豪華、香りも豪華

 

芳純

芳純
うちの鉢植えより一回り大きい花。花びらの枚数も多い! さすが地植え。さすがバラ園。

 

フリージア

フリージア
うちの鉢植えより大きくゴージャス。さすが___略

 

つるリトルアーチスト

つるリトルアーチスト
子供が元気いっぱいに跳ねているような賑やかさ

 

エメラルドアイル

エメラルドアイル
アプリコット色が魅力。花びらがぎゅうっと詰まっている。これ以上開くのか?

 

つるブルームーン

つるブルームーン
まだ開き始めなのに香りが濃いよ

 

ムーンシャドウ

ムーンシャドウ
ブルー系は香りが濃いなあ。うっとり。

 

オクラホマ

オクラホマ
パパメイアンより暗い赤。大人感。

 

フレンチレース

フレンチレース
優雅な香り。甘い色。もう一鉢増やすときはこれにしたい。

 

サラトガ

サラトガ
フレンチレースに似てるが芯の色はアプリコットがかる。この色にもうっとり。

 

カナスタ

カナスタ
HTでは小さめの花。晴れやかな赤でかわいらしい。

 

 

まだつぼみだけど、咲いたらどんな色になるのか見てみたいバラ

 

ゴールドクローネ

ゴールドクローネ
名前にゴールドが入ってるからには輝くような黄色が見られるのでは?

 

ウインナー・シャルメ

ウインナー・シャルメ
明るいオレンジ色に咲くかな?

 

アベイド・クリュニー

アベイド・クリニュー
ピンクにもベージュにも見えるスモーキーな色。開くともっと淡くなるのかな?

 

天津乙女

天津乙女
すぐにでも開きそうなのになあ。黄色の花弁のふちにピンクがのるのかな。華やかそう。

 

今年は四月に高温が続いたせいか、ツツジも藤も咲き終えていた。例年より急ぎ足。バラは三日後、四日後あたりが最高なんだろうなあ。今にもはじけそうなつぼみがたくさん天を目指していた。

バラのつぼみは春の勢いを感じられて大好き。
今日の遠足は面白かった。

きれいで香りが良くて丈夫

きれいで香りが良くて丈夫。三拍子そろっていたらバラとして最高。
うちのベランダではフリージアと芳醇とクロード・モネがそれ。
というか大バラは今現在この三本だけ。
栽培場所が狭いベランダに限られてるのでブルーバユーとロザリー・ラ・モリエールは手放した。残ったこの三本はずっと手入れすると思う。
フリージアと芳純が相次いで開花したので自慢する。今年の花は大きくて香り豊か。

 

フリージア
春の目覚めは早くないのにあっという間に咲いている。成長スピードがすごい。うどんこ病にもかかったことがない。冬剪定でバシバシ切っても盛り返す。

フリージア
甘いフルーツの香りの下に上品なバラの香りがひそんでる
フリージア
この開き具合の時が一番香る

最初に買った大バラがこのフリージアなので思い入れがある。香りがよくて丈夫なバラを探していたらドンピシャだった。ラッキー。ただ開花して四日目には花びらが落ちるのが残念。切り花にしても水揚げが良くない。花びらは滑らかで香りがあるのでずーっと触って香りを楽しめる。器に水を張って大きな花を浮かばせておくのが合っている。

 

芳純
つんと芯高のバラらしいバラ(昔の少女マンガの背景を埋めてたような)が欲しくて買ったバラ。想像してた以上に香る。季節で花のピンクが濃かったり淡かったり。

芳純
うっとり

花持ちがいいので切り花でも楽しめる。
開いたら切って靴箱の上においている。玄関がいい香り。

ミニバラの花かご

ミニバラが咲きそろってきて朝の水やりが楽しくてしょうがない。
狭いベランダが一気に華やかに。

 

コーヒーオベーション
今年バラの先陣を切って開花した。通年つぼみを上げ続ける強者。

コーヒーオベーション
実際はもう少し沈んだ朱色

 

トゲなしフィグリア
株が充実してきて買ったときより花が二回りは大きい。丈夫です。樹形が広がらずに直立に育つので狭いところに置きやすい。トゲなしは管理が楽!

トゲなしフィグリア
今年は珍しくうどん粉がついた

 

レンゲローズ
今年は春からうどん粉プリンセスだが、感じさせない咲きよう。うどん粉に負けていない。

レンゲローズ
つぼみ全てにうどん粉がでていたが気にせず咲く強いミニバラ

 

グリーンランドフォーエバー
開きそうで開かないグリーンランドフォーエバー。開花一番はこれになると思っていたほどつぼみが割れたのは早かった。割れたまま二週間。

グリーンランドフォーエバー
咲いたらさぞかし豪華

花びらの枚数がすごいことになりそうな予感。
この枚数を開くために力をためてるのかな。

グリーンランドフォーエバー
ひらけー!