日々是面白日記 2006年 3月(1)

日々是目次

2月
(3)

2月
(3)

2月
(2)

2月
(1)

1月
(3)

1月
(2)

1月
(1)

19日(金)

●腰痛のため沈没の数日。
関節の油ぎれという表現がぴったり。動き始めのギシギシ感がお婆さんを実感させるのが面白い。

●腰が痛いというのに、夫につきあって横浜のみなとみらいまで出かけてみた。
シーバス発着所のぷかり桟橋に付随のレストランでお茶する。レストランも桟橋と同様、海に浮かんでいる構造だった。席に座ってから揺れているのに気付く。
頼んだデザートはとても美味しかったのに、夫婦共々酔って気持ち悪くなっていたのが面白い。

●今日は植え替え作業を開始するつもりだったが、強風のため中止。
窓の外を、車のカバーやら、新聞紙やら、ゴミ袋やら、いろんなものが吹っ飛んでいくのを見物して面白かった。

●ベランダ報告。
アケビの芽が出た! 秋にとり蒔きしたもの。発根してからずっと動きがなかったので心配したが、このところの陽気でようやく双葉が頭を出した。

●スズメノヤリの散髪をした。すっきり。
散髪前と散髪後。

●オダマキの新芽が可愛い。

●黄モッコウバラに小さなつぼみができていた。

●八重の花が咲くというコモロスミレ。
昨年は一度も八重の花を見なかった。が、このつぼみはなんだか八重咲きのような。期待できるかな。

●今一番元気なのはクローバー。

シロツメクサのつぼみがたんまり伸びてきて、四月初めは満開になりそう。
しかし、一緒に植えてあるホタルブクロが無事か気になって、クローバーをかきわけてみた。ホタルブクロも新芽を出していたので一安心。シロツメクサを楽しんだら、クローバーを整理しよう。


16日(木)

●一晩寝たら、腰痛もだいぶ良くなった。
陶芸教室へ行って、自分の道具を整理してきた。残り土と削り土が自分で思っていたよりたくさんたまっていてビックリ。
腰が痛いから力仕事はしないと決めていたのに、土を練ったり運んだり、腰に悪そうなことばかりしてしまったのが面白い。

●ベランダ報告。
ヤブコウジの花が咲いた。つぼみがついたのは初冬の頃。紅葉したまま花が咲くのは不思議。

花のアップ。

そばかす柄が入っている。

●毛もじゃの鉢はスズメノヤリ。
冬の枯れ葉を防寒用に切らずに置いておいたら、もう花が咲いていた。

花はこんな風。おしべが出てるのわかるかな?

●コスミレサクラが、あちこちの鉢を占拠している。
多分、ほぼ全部の鉢からコスミレサクラの芽が出てると思う。雑草化するという話は本当だった。

でも、可愛いので抜いてしまえない〜。

●二色アツバも満開。しかも昨年より花が一回り大きくなっているような。
とても立派。

●ヒメオミナエシは全滅したかと思ったら、ちゃんと新芽がでてきた。

まだ影も形も見えないのは、バイカカラマツとハコネギク。
こっちはどうなってるんだろ。

●猫草が変に形良くまとまっている。
うちのネコが毎日剪定して作品を作っているのである。(かじっているとも言う)


15日(水)

●お天気が良くて風もなし。
この日しかないと思い、ウッドデッキをはがしてベランダの大掃除をした。

二時間で終わるはずが四時間。見積もりの甘さが面白かった。

●ベランダのウッドデッキの下は土やゴミがたまっていたので、水をまきながら大掃除。ゴミの中に細かい粒々をたくさん発見して、もしや虫の卵かと青くなったが、前部スミレの種だったのが面白かった。さすがこないだまで閉鎖花の種を飛ばしていただけのことはある。

●昨年夏の水やりがとても大変だった(一日四回!)ので、植物も大移動させた。こんなにせまいのに鉢が多い。多すぎる。
収まるように配置するのは、パズルゲームそのものなのが面白い。

●ウッドデッキを再度敷いて、ぞうきん掛けをして完了。
前部終わったら、ものの例えではなく本当にリアルに腰がたたなくなってしまったのが面白かった。腰痛が激しくぶり返して、にっちもさっちもいかない。

●姫シャクナゲがもうすぐ咲きそう。
つぼみのピンクに腰痛も癒される感じなのが面白い。


14日(火)

●腰痛はあるけで、もう我慢できる程度。よかった〜。
ぎっくり腰だったらどうしようかドキドキしてたのが面白い。

●陶芸教室の日。
初めて上絵付けをやってみる。普通の湯飲みも赤が入ると、とたんに生き生きした感じが出るのが面白い。

●フタものとぐい呑みに白化粧。
白化粧部分を細い針で模様をひっかいてある。素焼き後に、そこに呉須をすり込んで、エッチングみたいな線を出す計画。
果たして、うまくいくかな。実験めいたことをすると、途端に気分がノリノリになったくるのが面白い。

●ドレッシング入れを作ってみる。
持ちやすいように胴を押してつぶしてみた。ヘニョヘニョ感が漂う。
いくら削っても、ヘニョヘニョ感が消えないのが面白い。

●寺内貫太郎一家についておしゃべりできて面白かった。
昨夜、最終回の再放送があったのだ。


13日(月)

●昨日から腰痛。座椅子に座ったまま居眠りしたのが原因と思われる。
動けるようになったが、動くたびに体奥からバリバリと音が聞こえそうなのが面白い。

●アメリカンアイドル(アメリカのオーディション番組)が面白いという話ができて面白かった。

●噂のロシア発スパムが届いて面白かった。
来週日本に旅行するので案内して〜って内容。

●よぼよぼしながら陶芸教室。
先週末に土を再生しておいたので、それのお世話をしなくてはいけなかったのだ。様子を見るだけで帰ろうと思っていたのに、削り作業を始めてしまって、結局、夕刻までずるずる作業してしまったのが面白い。
帰宅してから腰を丸めてぐったり。


11日(土)

●家族の休日、土日は主婦の休日にはならず。いつもより忙しくなるので口がへの字。早く月曜日がくるのを願ってしまうのが面白い。

●母の誕生日プレゼントを発送。
毎年恨みがましい電話が来るので今年は先手必勝の作戦に出てみた。
お祝い事ではなく勝負事になってしまってるのが面白い。

●老眼のせいで活字を読む速度が格段に落ちたような黄がする。
このところの体調の悪さは全て老眼のせいにしてしまうのが面白い。

●スミレ(二色アツバ)の苗を知り合いにもらってもらった。
お礼に花の種をもらったが、何の種なのかわからないのが面白い。とりあえずポリポットに蒔いてみよう。


10日(金)

●ずーっと更新をさぼってました。ただのサボリ癖で言い訳できないのが面白い。パソコンを立ち上げてなかったのでメールチェックもサボリ。迷惑メール450通ほどたまっていてビックリ。

●眠い眠い。春が近づいてるのを実感して面白い。

●老眼がかなり進んできたのを自覚した。近いうちに老眼鏡を買いに行かないと。寝ころんで読書する楽しみが奪われて、かなりショックなのが面白い。

●ネコを甘やかしていたら、抱き癖がついてしまったのが面白い。隙を見せると膝に乗ってくる。

●パソを休んで、たっぷり寝てたくさん本を読んだら、かなり満足できたのが面白い。


1日(水)

●陶芸教室へ行く。
ぐい呑みを8個削る。ぐい呑みは形をバラにしたので、削るのもゲームみたいで面白い。

●負けず嫌いのひとは、とことん負けず嫌いだと知って面白かった。
荒川静香をきれいだと誉めたら
「わたしがあの年齢の時にはもっと・・・」
爆笑してしまったが、それで良かったんだろうか。

●今日の新聞の4コマまんが『あさってくん』の梅の絵が大変アートな形だったのが面白かった。

●ふきのとうの天ぷらを食べた。食べ過ぎたかも。
ゲップがふきのとう風味になってるのが面白い。

jj

日々是面白日記の目次へ