日々是面白日記 2007年 4月(1)

日々是目次

3月
(3)

3月
(2)

3月
(1)

2月
(2)

2月
(1)

1月
(1)

 

11日(水)

●せっぱつまってきたので、脇目もふらず絵付け。
教室の先輩方から、いつものように自慢されたり話しかけられたりしても、作業が詰まってるから参加できないと言い訳絶つのが面白い。

●教室で唯一、アメリカン・アイドルファンの人と、メリンダとラキーシャはすごいと話し合えて面白かった。

●ヒノキ花粉症が出てきて、目がしょぼしょぼ。
目をつぶっていると楽なんだけど、すぐ寝入ってしまう危険があるのが面白い。

●コゴミのお浸しをごちそうになった。
なんと近所の人が畑にコゴミを植えてて、野菜のように収穫するのだと聞いて面白かった。

●煮卵の評判が良いので、今晩もまた作る。
生協のタケノコが届いたので茹でる。
タコブツを解凍したあったので、急きょタコ飯を炊く。
これを全部、夕食後にやっているのが面白い。

●夜、換気のために窓を開けたら、ベランダに息も絶え絶えなアゲハが一頭。
うちのベランダでサナギで越冬していたのが、今日羽化してしまったらしい。
家族で、猫を隔離し、アゲハを保護し、砂糖水を作り、暖かな場所に居場所を作った。こういう時の協力は以心伝心で素早いのが面白い。
しかし、アゲハはご臨終の様子。なんでよりによってこんな冷たい雨の日に・・・


10日(火)

●娘にせかされて
『クビキリサイクル』
『クビシメロマンチスト』どちらも西尾維新。
を一気読み。
表紙もなるほどものなのだけど、登場人物の設定と名前が踏み絵になっているのが面白い。これが呑み込めないなら読むなと主張してるようです。

●『先生、巨大コウモリが廊下を飛んでいます!』小林朋道
を口直しに読む。
ほのぼのできて面白かったが、中味が小冊子ほどしかない・・・
でも小中学生が読んで生物に興味を持ってもらうにはちょうど良いのかなあ。

●pontaさんと一日一枚Mac絵手紙を誓い合って面白かった。

●陶芸教室の中の人間関係について、いろいろ聞いたのだけど、三日経ったら、どれが誰の話か覚えていないことが発覚。
自分以外のことはどうでもいいと思ってるのがわかって面白い。

●煮卵を作る。
あまりに美味しそうな半熟卵ができたので、つい食べてしまいそうになるのをこらえるのが大変だったのが面白い。
熱湯(塩多め)に卵を入れて8分、弱火でコトコトすると絶妙な茹で具合。


9日(月)

●陶芸教室。
作品展用その1で作った組み物、多分本焼きをすれば歪むと思うが、奇跡を願って絵付け開始。
失敗作とはいえ、描きだすと丁寧なのが面白い。

●ウグイスのさえずりを聞きながら作業できて気分良かった。
ぎっちり詰まった住宅街なのだが、教室の向かいのお宅は庭が広くて大木が生い茂ってるのだ。

●作品展までの日時を改めて計算したら、かなり際どいスケジュールだということがわかった。
とりあえず、目の前のコレを片付けることから・・・・
とお仲間と悲しく頷いたのが面白かった。

●サッカーファンの心には野獣が潜んでいるという話をして面白かった。

●ベランダ報告。
黄モッコウバラが咲いた。

つぼみ時代が長かったが、ようやく開花。

●パンジーとビオラが満開。

うどん粉病が出始めたので、薬剤散布する。

●清楚なスミレが咲く。

スゲの鉢から勝手に出てきたので、種類はわからないがお気に入り。

●香りナデシコも咲きそろってきた。

●ドウダンツツジも満開。

花が咲いていると、ベランダに出るのが楽しい。


8日(日)

●朝ご飯は、サバの干物に大根おろし、キュウリと人参とミョウガの酢の物、三つ葉のみそ汁。
さあ食べようとしたら、炊飯器の中が空っぽ。忘れてた。
パンを食べる気になれない朝ご飯メニューが面白い。

●朝ご飯用のご飯が炊ける間に、陶芸教室へいって、昨日釉掛けをした大鉢の仕上げをする。
時間を有効に使えた自分がちょっとレベルアップに思えて面白い。

●娘が高校の図書館から借りてきてくれた本がある。
明日までに読めと迫られて、せっせと読む。
『クビキリサイクル』西尾維新
いかにも同人とか二次創作とか集まってきそうなのが面白い。

●夫が散歩に行くと出かけてお土産を買ってきた。
こないだは浅草の名物せんべい。今回は
『先生、巨大コウモリが廊下を飛んでいます!』小林朋道
ホントに廊下を飛んでいたらしいのが面白い。
早く、こっちを読みたいのである。


7日(土)

●陶芸教室。
1月からずっとほったらかしにしておいた、大鉢に釉掛けする。
本番前に何度もイメトレしたのだが、鉢の大きさを甘く見ていた。
見事に失敗したのが面白い。

●すでに誰かが撹拌した釉薬が、その日の人気ナンバーワンなのが面白い。

●今年もアメリカン・アイドルを見続けているのだが、
メリンダとラキーシャの歌を聴くために見ているようなもの。
そして二人とは別の意味で目を離せないのがサンジャイヤなのが面白い。
組織票なのか?

●午前中、いかにも春らしく暖かだったのに、日が暮れてから冷え込むこと。
ベランダのヒメライラックもモッコウバラのつぼみのまま足踏み状態なのが面白い。

●佐渡土産のお菓子をいただいた。

ジェンキンスさんと握手してきた話を聞いて面白かった。


6日(金)

●作品展用の作陶をすすめるために、今月も陶芸教室毎日コース。
この頃、値札を見るたびに土代換算してしまうのが面白い。
例えば9800円のカットソーを手にとって、
「ちょっと足せば土が10キロ買えるなあ」

●最初にひいておいて口径18センチの取り皿(ほぼ失敗作)10枚に下絵を描いた。
シンプルにしようと思っても、ついつい描き込んでしまう。
私の性格ってこんなか?自分を見つめ直したのが面白い。

●教室帰りに友達とお茶をする。
私の知らない世界を教えてもらって面白かった。

●メタボリック解消講座の話を聞く。
テーブルに並んだおやつを食べさせられて、そのカロリーに見合う運動を問答無用でさせられるそうな。
だまし討ちみたいなのが面白い。

●Wiiリモコンの電池は消耗が激しい。意外なところで金がかかるのがわかって面白い。


5日(木)

絵手紙ポスト復活させました。ご利用下さい。

●放置していたFlickrに陶芸写真をアップすべくログインしたら、Yahoo!IDを新たに取得せねばいけなくなっていた。
で、これがまたもや英語との格闘。
pontaさんにもそれを知らせることができて面白かった。

●ようやくアップできた陶芸作品。その一部。

生の蛸と焼けた蛸。

●蛸の赤ちゃんも登場させてみた。

●わりとシリアスな蛸。

●ユーカリの葉っぱが鋸状になってしまった。

新芽だった時に大風が吹いて傷ついたせいらしい。

●陶芸教室の日
ふたもの五個に釉掛けした。
撥水剤を塗っていたら、老眼のせいだと思うけど、ほんとに目が回ってきたのが面白かった。未知の世界。


4日(水)

●ホントに寒い。午後から急激に冷え込んだ。
帰宅した夫が、タクシー待ちしてたら歯の根があわなくなった、というくらい寒い。
灯油がまだ残ってて、とてもとても嬉しいのが面白い。
日曜には灯油は来年へ持ち越しかと思っていたのに。

●絵手紙のコーナーに手を入れるべく、作業開始。
久々にいじったら、どこがどうつながってるのか忘れてて、全部読み直し。
いちから出直しなのが面白い。

●突然外が真っ暗に。午後三時前だというのにあり得ない薄暗さ。
雷までなり出して、どうしたのというくらいの急激な冷気。
まるで霊現象のようだったのが面白い。

●雷でパソが使えないので、昼寝をすることにした。
ふとんで温まっていたら、娘が「い〜れ〜て〜」
こたつじゃないんですけど。
小競り合いをしてたが、結局ふたりとも七時過ぎまで爆睡してしまったのが面白い。


3日(火)

●画像掲示板を借りたので、ジャパンネット銀行の指定口座へ振り込みに。
ATMを操作してたら、支店名が並ぶ画面で
「えええええっ! ぐははは!」
びっくりしたのが面白かった。
ジャパンネット銀行を利用の方には当たり前なのだろうけど、支店名は全て星座でございます。

●煮卵の作り方を教わったので、作ってみた。
美味しい!
もう少し黄身が半熟に仕上がればパーフェクト。
自分でラーメン店の煮卵が作れるのを知って面白かった。実は簡単。

●夫がお土産にケーキを買ってきた。有名店の高価なケーキらしい。
どれも甘みを抑えて美味しいのだが、小粒のサクランボの乗ったケーキ、サクランボが梅干しに見える。
我が家では「梅干しケーキ」と呼ばれるようになったのが面白い。

●日曜日に初夏の気温だったのに、今日は息が白くなる。
咲くかと思えたモッコウバラも足踏み状態なのが面白い。

●「妖魅変成夜話・4巻」岡野玲子
「拝み屋横町顛末記」宮本福助
駅前の書店で買う。この書店のコミック売り場はマンガの面白さが良くわかってる熱心な書店員さんがいるらしく、手描きポップが熱い!
ということを友人と話し合って面白かった。


2日(月)

●足の疲れがとれないなあとふくらはぎを見たら、なんとなく静脈瘤ができかけてるような。血管がふくらんでる箇所を発見。
見なかったことにしようと思ったのが面白い。

●午後から陶芸教室。
苦労して釉掛けした大きな桶皿が焼き上がっていた。

わりといいじゃないか!

●裏も使えるリバーシブル構造。

わりといいじゃないか!

●しかし分解寸前の恐ろしさ。

●はい、ここも。

見事じゃ。
ギリギリセ〜フで形になっているのが面白い。

●自宅でデリバリー寿司をのせるのなら使えそう。

すでに寿司が並んでいると指摘されて面白かった。

●手作りの梅味噌をいただいた。
梅の香りが生きている逸品。
作り方を教わったので、みんなもどうぞ。わたしも今年の梅の季節には作ろうと思う。
材料
※生の青梅、砂糖、麹味噌、それぞれ1キロ。
材料を鍋でとろとろ煮こむだけ。 なめらかになったらできあがり(1時間くらいが目安)梅は種を取らず丸ごと。あとで種をしゃぶる楽しみ付き。
冷蔵庫で一年間保存可。


1日(日)

●久々に家族全員が休日なので、お花見に出かけることにした。
上野で昼ご飯を食べて千鳥ヶ淵あたりを散歩しようという計画。
しかし、花見客の混雑で上野駅で難渋する。
駅から出るのも一苦労なので、そのまま乗り換えて日本橋へゴー。
上野公園には一体どんくらいの人々が詰まっているのだと想像すると面白い。

●日本橋で食べたおろし蕎麦がとても美味しかった。

●千鳥ヶ淵

もう散り始めていた。桜見物も今日が最後かな。

●ここが有名な千鳥ヶ淵なのね。

シートを敷いての宴会は禁止なので、人出は多いが歩ける。
上野は駅構内も一歩も進めない状態だったのだ。

●サクラの足元も花畑。

●サクラもいいけど、こちらも可憐。

●斜面を這うように枝が伸びている。

子どもがぶら下がっていないのが不思議なくらい、木登りを誘う枝振り。

●手前の白い花をつけるサクラは、すでに散っていた。

たしかにサクラの名所なのだと感心。水辺の近くってのがいいね。

●お堀まわりを散歩して近代美術館・工芸館前へ。
せっかくなので再度「岡部嶺男展」を見る。
娘にすごいだろーを連発してうるさがられてしまった。

●北の丸公園を抜けて田安門。
門が額縁になっているのが面白い。

●そして、みんな携帯やデジカメをかざすのだった。

●ここの桜が見事。

やはり、下へ這っていく枝。生き物っぽい。

●ソメイヨシノはもうピークを過ぎた感じ。

八重桜はこれから出番。

●上野乗り換えを避けるために池袋へ。
JRと私鉄をスイカ一枚で利用できるのが、とっても便利だった。
池袋のデパ地下で夕飯用のお弁当を買って帰宅。
柿安のお弁当、どれも美味しかった。ヘンに甘辛くしてないのがいいです。ちゃんと素材の香りがあるし。今日は美味しいものにあたる良い日だった。

●我が家のベランダも実は花咲き始めてるのだ。

エリゲロン。5センチの茎を挿し芽したのが2年前。いっちょまえになってきた。

●ドウダンツツジもシャンデリアのようになってきた。

かわいいぞー。

●黄モッコウバラのつぼみもかわいいぞー。

jj

日々是面白日記の目次へ