日々是面白日記 2008年 4月(1)

日々是目次

3月
(2)

3月
(1)

2月
(1)

1月
(1)

9日(水)

●ビオラの植木鉢を倒して割ってしまった。が、よく見るとその鉢だけ、うどん粉病だか灰色カビ病だかが大発生していて無惨な有様。
そのまま廃棄となった。
これも不幸中の幸いなんだろうかと考えて面白かった。

●テンションの低さを心配されている娘。
夫から厳重注意があったのが面白い。娘にではなく、私と息子に。
家庭内では母から世話をやかれ、学校では兄から世話をやかれていたら、ちっとも自立しないだろう。甘やかしすぎ! だそうです。
はいはい。

●昨日、pontaさんちでタケノコの煮物をごちそうになって、とても美味しかったので、今日はタケノコを煮た。
ヌカで茹でてる時からタケノコの甘い匂いがたちのぼって幸せを感じる。
この時季、毎日でもタケノコを食べたくなるのが面白い。

●ベランダ報告。
チューリップが咲いた。
パステルカラーセットと名付けられていたが、幼稚園カラーセットな感じ。

●バイカカラマツの一番花。

ふっくらと八重が深い。
株元はもうわさわさに次が控えている。

●チョウジソウの新芽が出てきた。

株が太ってきたから、今年は花が見られるだろうか。
四年目の正直。

●黄金風知草。まだ猫の食害にあっていないので生き生き。

●コムラサキシキブの芽吹きが観測されました。

遅めだったので心配してたが、ちゃんと芽が吹いた。

●生協の注文用紙の記入間違えで買ってしまったヒメフウロソウ。
間違えて良かったかも。可愛らしい。


8日(火)

●昨晩から雨風が激しかったが、意を決して、母に頼まれたキルト用の糸を買いに行く。よりにもよって、こんな天候のなか出かける羽目になったのが面白い。あれもこれも先々週、風邪で寝込んだせい。

●午後からpontaさんちへ。
今、計画中の事案について的確なアドバイスがもらえた。おおよその骨格ができて次に何をやればいいか決まると、意欲倍増なのが面白い。

●pontaさんの木彫の図案について、言いたい放題言えて面白かった。
これも二人寄れば、どんどん話が進む。

●陶芸サイトについての話し合いも行う。どんどん話がはかどって面白かった。

●顔彩の使い方を教わって、お絵描きして遊んで面白かった。

●「コアリズム」をpontaさんに自慢することができて面白かった。


7日(月)

●スニーカーしかはいたことのない娘がパンプスなるものをはいたら五分とたたずに弱ってしまった。
そういえば、わたしも昔はと思い出して面白かった。
かわいそうだったので、帰り道は急きょスニーカーを買ってはきかえさせた。

●娘と息子と並んでるところを写真に撮ったら、そっくりだったのが面白かった。違いは顔の大きさだけのような。

●昼ご飯に娘とオムライスを食べた。
なんと娘には人生初のオムライスだったらしい。
わたしがあんまり好きじゃないので作らなかったのだ。
でも、今日のオムライスはイマイチ。好きじゃあないんだけど、もっと美味しいオムライスが食べたくなってるのが面白い。

●メカ沢Tシャツをパジャマ用に買った。
Tシャツのサイズに合わせてメカ沢の大きさも変えてある芸の細かさに感心したのが面白かった。

白Lサイズ。黄色Sサイズ。


5日(土)

●陶芸教室の日。
小鳥型の豆皿兼はし置きに釉掛けした。全部で18個。
きれいに釉薬をかける方法を先輩から教わる。
早く教わっておけば良かった。
きれいなだけでなく釉掛けにかかる時間が今までの半分ですむようになったのが面白い。やっぱ段取りだなあ。

●ミニ盆鉢1個に釉掛けする。
教室に新しく入った「黒天目」を試す。
どんなになるか誰も確認してないのに、つい使いたくなるのが面白い。

●朝、目が覚めたらめまいがして起きあがれなかった話を聞いて面白かった。
めまいは視界が揺れるだけかと思ったら、目の前の景色が上から下へ砂が崩れ落ちるように流れてしまったのだそう。
ふしぎだ。

●昨日地震があったよと教えられた。
かなり揺れたらしいのに、さっぱり気が付かなかったのが面白い。

●三つ目のチューリップが咲いた。

ピンクかと思ったら、明るい赤だった。
外見は愛らしく、中は派手派手。

●土を買った時にサービスでもらった、トコナツナデシコ。
元気そう。

ナデシコのピンクは遠目でも目立つ、派手ピンク。


4日(金)

●今日も植え替え作業。
小さい鉢に植えておいた盆栽もどきの植え替え。
昨年、さぼったのでどれも根がぎちぎちに巻いてた。反省。

●昨日植え替えた斑入りヌマガヤ。
爽やか。鉢はpontaさんからのいただきもの。

咲いてるスミレはこんなの。控えめで気に入っている。

●これも昨日植え替えたヤクシマススキ。
ようやく緑の葉先が見えてきた。

コケを張るべきか化粧砂するか、迷ってる。

●タニワタリとシダ(種類は不明)

シダは株分けするつもりだったのに、古土を落としたらどこが株なのかわからなくなってしまったので、根っこをほぐして一回り大きい鉢に植え替え。

●アケビの実生三年苗を鉢上げした。鉢は全部自作。
黄瀬戸釉のミニ鉢。

コケをはれば、それなりに見えるところが面白い。

苗は六本。根が互いに絡まり合っててほぐせなかったので、ザクザク切ったら切りすぎた。どれか生き残って。

右側、息も絶え絶え状態。大丈夫かなあ。

●ホタルツワブキは株分け成功。

鉢との組み合わせ、けっこう良いんじゃないかな。気に入った。

●チガヤとクロニガナの鉢、チガヤの根っこがすごくて全体が持ち上がってしまった。さわるとフカフカしてる。
どうしていいのか、わからない。 何に植え替えよう。

保留。

●昨日の夜、息子が帰ってきたんだけど、結局家にいた時間のほぼ全てを寝ていたのが面白かった。

●ヘブン状態 という言葉を教えてもらって面白かった。

●夕飯はおでん。暖かくなってきたら、かえって夕方以降の冷え込みがよりきつく感じるのが面白い。


3日(木)

●一昨日、陶芸展用の大鉢に絵付け。朝の5時までかかった。
昨日、2時間だけ寝て、大鉢を下げて陶芸教室へ 。
釉薬を吹き付けでかけた。作業は午前中で終了。
今年も締め切りにギリギリセーフ!
今年はゆったりとした気持ちで作品を作りたいと計画してたのに、結局ギリギリになってしまったのが面白い。風邪とか花粉症とか計算外すぎ。

●寝不足と大鉢運搬の疲れと、釉薬吹きの疲れで、帰宅した途端爆睡。
急激に穴に落ちるがごとく寝入ったのが面白かった。

●ツマグロヒョウモン、サナギからチョウにに変身した。
まずはサナギの説明から。
サナギはこのスズメノヤリの鉢にひと月ほどぶら下がっていた。

鉢部分中央の黒いのがサナギ。

サナギもトゲトゲ。
斑紋はメタリックに輝いて、アバンギャルドなオシャレさん。

●きのうの朝、水やりをしてたらサナギからかえっていてびっくり。
ツマグロヒョウモンの羽裏はヒョウ柄です。

羽表も撮りたかったが、まだ羽化したてなので羽は閉じていた。
ほんのちょっと見えた瞬間。

オレンジ色が濃い。

●動けないので近くまで寄れた。
くちもとはストロー。

丸めて収納。

●大きいサイズで撮影したら、羽の表面に鱗状のざらつきが見える!
鱗粉なのか?
デジカメってすごいなあ。

●今日はベランダの鉢植えの植え替えをした。
根詰まりをおこしていそうなものをせっせと植え替え。
チョウジソウ
斑入りヌマガヤ
ヤブコウジ
ヒメヒオウギ
ヤクシマススキ
マークシート記入ミスで注文してしまった、生協のフウロソウ
途中で土が足りなくなり、近所の園芸店まで娘にお使いを頼む。
そしたら、サービスでトコナツナデシコのポット苗をひとつもらってきた。
らっきー。
これも植え替え。

●チューリップ、二つめが咲いた。
花を見比べると、最初のと同じ品種のようなのだが、身長があまりにも違う。

なんですか、同じに育てたのに性格の違う兄妹のようというのでしょうか。

jj

日々是面白日記の目次へ