パン焼きにはまりました

八月のキッチンリフォームでガスオーブンを導入したのですよ。
早く使いたくてたまらなかったところに、本屋さんで運命的な出会いが!

「ちょっとのイースト」で作る まるパンとベーグルの本
幸栄 著  主婦と生活社 生活シリーズ ¥1200

本屋さんで基本のまるパンの作り方をざっと見したら、わたしでも作れそうな気がしました。
だって基本パンの材料が『強力粉、塩、きび糖、ドライイースト、水』だけなんですよ。
その上、解説が手順ごとに写真付きでわかりやすいのです。

即座に本を買い、その足で強力粉とドライイーストを買い、翌日には初めてのパンを焼いてみました。

今までの経験から「最初の数回は失敗するはず」と思い込んでたのに、ちゃんとパンになってオーブンから出てきて驚いたのなんの。
ひとりキッチンで、熱々のまるパンをお手玉しながらウヒャウヒャしてしまいました。
あんまりに驚くと笑いがでちゃうのね。

見た目だけではなく、焼きたてをはふはふしながら食べた時の美味しさといったら!
以来、毎週なにかにつけてパン焼いてます。

 

昨日焼いたのは、豆乳入りのもっちりまるパン。

もっちりまるパン
焼き上がりの香りが素晴らしいんですよ。
写真から香ってくれたらいいのに。

焼きたてにバターとハチミツのっけて食べました。
娘からもらったカラスザンショウのハチミツが個性的な強い香りで、焼きたてパンと最高の相性。
うちにおやつを食べにおいで〜!と誘いまくりたくなります。
次はクルミを入れよう。