秋の風

とんでもない暑さの夏から、朝夕気持ちいい風の吹く季節になった。

ようやくベランダも危機を脱したようで、バラも多肉も成長し始めた。
特に花が咲くと植物の生命力を直に感じられてうれしくなる。

コノフィツム稚児桜
コノフィツム稚児桜
一つの花は夕方閉じて翌日も開花をくり返すので長くたのしめる。

 

地味だけど、コレも花。

ドルステニア・フォエチダ
ドルステニア・フォエチダ
次々花を出して種を作っては旺盛にはじき出している。
ドルステニア・フォエチダ
ドルステニア・フォエチダの芽だし。
こぼれ種から芽が出て苗が出来ていた。
小さいながらちゃんと根塊を作っていてかわいい。

“秋の風” への2件の返信

  1. こちらも朝夕ずいぶんと涼しくなってきました。
    でもまた台風が近づいているとか・・・。
    今年はなんだか多い気がします。
    ドルステニア・フォエチダを見ていたら「ぎんなん」が食べたくなりました。

    1. ぎんなん!(笑) たしかに拡大すると種がそれっぽいです。
      熟すと種の外皮が茶色になるので、それはもっとギンナン似ですよ。
      こんどのせますね。

コメントは受け付けていません。