淡いのと濃いのと

クロード・モネが開花。つぼみは赤が強かったのに咲いたらこんなに淡く優しく。去年のインパクトあるピンクと黄色の絞りはどこへ?
開花待ちの他のつぼみもこんなかしら。

クロード・モネ
昨年のクロード・モネとは違う花色で咲いた。ラブリー度が増してるが、影の薄い娘になってしまった。

クロード・モネの下葉が黄色くなって落ちてきてる。
花色も儚げだし、花のサイズもこじんまりだし、香りも薄いしで色々と心配になってくる。
あわててオルトランXをまいてみたがなんの意味もなさそう。
第一アブラムシもついてないし。
明日、水やりの時に液肥を入れてみよう。

 

昨年から散々うどん粉病に悩まされたバーレッタフォーエバーが開花。
こんなに深い赤で咲かれると、うどん粉がひどいからと処分はできない。

バーレッタフォーエバー
ミニバラとは思えない深い赤はとても魅力的。大事にしよう。

うどん粉病は噴霧器でこまめに霧吹きすることで大分おさまった。
この作業を葉っぱ洗いと呼んでいる。
ミニバラが本領を発揮しだすのは三年目の株からのように思う。
株が大きくなると病気もしにくいし花色も形も安定する。
あと2年、だましだまし育てよう。

クロード・萌え

今年新苗で買ったクロード・モネを一輪だけ咲かせてみた。
クロード・モネはクロード・萌えと言い換えて良いと思う。
そのくらい愛らしい。

クロード・モネ
クロード・モネは花びらの重なり、香り、その色彩、全てがラブリー。ただし棘が凶暴。

こんなに冷え込んできたのに、陽当たり抜群のベランダのおかげか、他のバラもまだたくさんつぼみをつけている。
“クロード・萌え” の続きを読む