そっくりなもの

近所の舗装具合に既視感がある。

舗装路

この茶色いところが何かに似てる。

舗装路

同じものをよく見てる気がする。

リトープス・ダプネリー
リトープス・ダプネリー

これだ!

リトープスはうちのベランダ環境に合っているらしく、育てやすい。一年中エアコンの室外機の上に置いている。夏はちょうど階上のベランダがひさしとなって明るい日陰になり。冬は陽が低くなって日当たり抜群だ。

そろそろ植え替えしよう。

嵐の前の静けさ

夕方から三日前よりすごい風が吹き荒れる!雨も降る!と天気予報番組が警告しているので、今のうちにとベランダの鉢を台風仕様に移動した。

嵐を避けるベランダ配置
手前は防風林代わりのスイートオリーブ

バラとバラの間にはトゲのない鉢植えを配置して少しでも葉っぱの損傷を防ぐ対策。小さい鉢は棚の下に収納。

西側はこのように。ここはガラスが風よけになって被害が少ないスペース。様子をみてから動かす予定。

ベランダ西側
こっちは様子見

飛ばされそうなものはエアコンの陰にまとめた。
用意万端で嵐を待つが、年に数回肩すかしがある。今日はどうだろう。

ミニバラにうどんこ病

三日前、ベランダに突風が吹き荒れた。春の強風の後は必ずうどんこ病が来襲する。

今回出たのはレンゲローズとグリーンランドフォーエバー。花首付近に出るとつぼみがしぼんできれいに咲かない。今回はトップジンMスプレーで対処した。なんとなく強力そうといういい加減な理由。

うどんこ病がでたミニバラ
グリーンランドフォーエバー

トップジンMスプレーを散布すると薬剤が白く密着するので、うどん粉なのか薬剤なのか紛らわしい。
見た目はちょっとアレな感じですよね。
見た目を犠牲にしているのだから効き目は強いはず。
と思っているが本当のところはどうなのだろう。

レンゲローズの方はびっしり立った細かいつぼみの全てにうどん粉が発生していて、一番花の開花が心配なほど。効いてくれトップジンM。

うどん粉にかかったことのない元気なミニバラは、チュチュオプティマとコーヒーオベーション。うちのベランダ環境と相性がいいようだ。

コーヒーオベーションのつぼみ
コーヒーオベーション

つぼみがいち早く割れた。今年の開花一番はコーヒーオベーションになりそう。

スミレが好き

3月の終わりから咲き出した。昨年より開花が早いと思う。

子供の頃からスミレが好きだ。
春先の園芸店で見かけるとついひとつふたつと買ってしまう。何種類もあるけれどうちのベランダで生き延びているのはそう多くない。今あちこちの鉢から出てきてるのはヒナスミレ、ヒムレスミレ、スミレ、斑入りゲンジスミレ、コスミレサクラ。

スミレは今期盛りを誇っても数年後ぱったり姿が見えなくなったりする。不思議。

ヒナスミレ
ヒナスミレ・柔らかい薄ピンクで華奢
スミレ
スミレ・濃い紫が魅力的
斑入りゲンジスミレ
斑入りゲンジスミレ・葉っぱの模様が特徴的。シクラメンの葉に似ている
ヒムレスミレ
ヒムレスミレ・他にはない特徴的な花色