バラのメモ

バラの画像を検索すると、つぼみと花はたくさん出てくるけれど、株全体の写真は多くない。
バラを買おうとするとき花が魅力的なのはもちろん、枝の伸び方、サイズ、広がり方はより重要だ。
特にベランダで鉢植えをするにはコンパクトにできるかどうかが最優先事項。
いつか誰かの役に立つかもしれないので、手持ちのバラのメモを残す。
今回はミニバラ。

 

コーヒーオベーション

コーヒーオベーション
新苗を購入して3年目。四本入っていたものをばらして二本植えにしている。枝の節間が詰まっていて枝が短い。とてもコンパクトな姿になっている。背は高くならず横に広がる。新芽の濃いボルドー色が魅力。
コーヒーオベーション
先進むに従ってコーヒー寄りの色になり、花びらが和紙のような風合いを持つようになる。 三年目になって花が大きくなった気がする。

メモの続きはこちらから

“バラのメモ” の続きを読む

バラの季節

うちのベランダもバラの新芽が一斉に伸びて、緑豊かになった。
一ヶ月前、棒三本の鉢が並んでいたのがウソのよう。
バラの成長は急激で、もうつぼみが見えてきた。
この生命力が好きなんだなあ。

今年、期待をかけているロザリー・ラ・モリエール
去年新苗で買って、秋に花を見たけれど、まだまだ株が若くて本来の力を発揮できていなかった。
さて2年目の今年は、らしい花を見せてくれるかな。

ロザリー・ラ・モリエール
ロザリー・ラ・モリエール

みずみずしい緑色を眺めるのにちょうどいい季節。
思い残すことなく愛でましょう!

“バラの季節” の続きを読む

バラの季節

ベランダのバラが次々開花。
一気に華やかになった。

 

フリージア、バラだけどフリージア。

フリージア
フリージア

このバラが咲くと、ベランダが一気に明るくなる。
フルーティな香りが水やりの楽しみ。

 

ブルーバユー
ブルーバユー

ブルーバユーも蕾が開き始めた。
咲き始めが一番上品に見える。

 

チュチュオプティマの開花は最後になりそう。
ようやく蕾が割れてきた。

チュチュオプティマ
チュチュオプティマ

今年の冬に植え替えて、土と相性がよかったのか、一気に大きく枝が広がった。
本当に丈夫。
太いシュートの先に蕾が剣山のように並んだが、この蕾はぜんぶ咲くのかしら。
咲かす体力あるかなあ。

チュチュオプティマ
チュチュオプティマ

しばらくの間はミニバラが途切れなく咲きそうで、ベランダに出るのが楽しい。

ミニバラ三種
コーヒーオベーション、とげなしフィグリア、れんげローズ

うちのベランダはバラの季節到来です。

ミニバラ開花

ミニバラが咲き出したので、咲く様子をメモ。

 

コーヒーオベーション

昨年新苗で買い、今年植え替えた。
深く剪定してしまい、もともと株が大きくならないのをもっと小さく作ってしまった。反省・・・

コーヒーオベーション

 

コーヒーオベーション

 

オレンジが勝った色合いのつぼみが、開いていくうちにコーヒーオベーションらしいレンガ色に変化した。

 

コーヒーオベーション

 

こんなに大きな花は初めて見た。
直径を測ったら8センチ近くあった。

 

コーヒーオベーション

 

開花が進むと花びらがレンガ色の薄紙風になっていく。

コーヒーオベーション

 

 

コーヒーオベーションから二日遅れで開花したのが、とげなしフィグリア。
昨年、母の日用鉢花の売れ残りを買ったのが、一冬越して丈夫に堂々とした姿になって感動している。

 

とげなしフィグリア

小さいけれど、バラらしい形で開いていく。

とげなしフィグリア

 

明るく温かみのあるピンク。香りは無い。

とげなしフィグリア

 

これも去年より大きな花をつけた。
春の1番花だからかな。
花びらの数も多くて、実にバラらしい形。

とげなしフィグリア

 

香りがあればいいのになあ。
トゲがないのでとても扱いやすい。
去年はうどん粉に悩まされたので早めに殺菌剤を噴霧した。
葉っぱに残る白い斑点は殺菌剤。

強風の翌日はうどん粉病がやってくる。
気をつけて見ていよう。