秋の多肉植物

多くの多肉植物の待ち焦がれていた季節、秋。
ぐんぐん成長してます。
鉢が窮屈になったいくつかを土日に植え替えしました。

 

ドルステニア・フォエチダは鉢内にこぼれ種でいくつも芽がでてきたので、それらも一緒に大きめの鉢に引っ越しさせた。

ドルステニア・フォエチダ
ドルステニア・フォエチダ
もう葉っぱが紅葉している。そろそろ室内に取り込むかなあ。毎日最低気温を確認してる。
ドルステニア・フォエチダ
ドルステニア・フォエチダの小さな芽。育ちますように。
ドルステニア・フォエチダ
これもドルステニア・フォエチダ。
春にこぼれ種から芽が出たのは、こんなにしっかりした苗になった。

 

エケベリアが急に大きくなって小さな鉢を覆うようになり、水やりスペースが無くなったので、エケベリアの色々を大きな鉢に移した。

エケベリア
寄せ植えではなくエケベリアサンプル植え。
土の量が多くなった分、より大きくなるのを期待してる。

 

陶芸教室の先輩から三食パンのようなミニ鉢をいただいたので、手持ちの苗を植えてみた。

多肉植物
紅葉したらかわいいだろうなあ。

毎朝の水やりタイムが楽しすぎる季節。

秋の風

とんでもない暑さの夏から、朝夕気持ちいい風の吹く季節になった。

ようやくベランダも危機を脱したようで、バラも多肉も成長し始めた。
特に花が咲くと植物の生命力を直に感じられてうれしくなる。

コノフィツム稚児桜
コノフィツム稚児桜
一つの花は夕方閉じて翌日も開花をくり返すので長くたのしめる。

 

地味だけど、コレも花。

ドルステニア・フォエチダ
ドルステニア・フォエチダ
次々花を出して種を作っては旺盛にはじき出している。
ドルステニア・フォエチダ
ドルステニア・フォエチダの芽だし。
こぼれ種から芽が出て苗が出来ていた。
小さいながらちゃんと根塊を作っていてかわいい。

多肉は生育期まっただ中

つぼみのままずーっとうつむいていた、コチレドン・福娘がようやく開花した。

コチレドン・福娘
花が咲いているのが福娘。たたずまいが名前の通りでおじょうさんぽい。
コチレドン・福娘
色合いも愛らしい。女の子がほんのりほほを赤らめてるように見えませんか?(笑)

 

全く動きがないように見えていたガガイモが、実はこっそり新しい芋を作っていた。

ガガイモ・コーンウェルヒル
ガガイモ・コーンウェルヒルにも新しい芋が! 土際から生えている緑色の2本が新しい芋。鉢にぶつかってるんだけどどうしよう。今の季節に植え替えて大丈夫なのかな。
ガガイモ・バルバータ
バルバータにも新しいイモが! 土際から生えてきた左側のイモがそれ。

 

ドルステニア・フォエチダの花も咲いてきた。
今年も種をたくさん飛ばすかな。
芽吹いたら、ちゃんと保護して大きく育てよう。

ドルステニア・フォエチダ
ドルステニア・フォエチダのお日様型の花。想像したより丈夫でありがたい。

今年の公募展

公募展用の作品が、今日焼き上がってきた。

蕎麦猪口
盛り鉢と蕎麦猪口の組み物。絵柄は海藻とタコベイビー。

写真だと揃って見えるなあ(笑)
だが実際のところ、こんなにたくさんあるのに満足いくものがない。
落ち込んでてもしょうが無いので次を考えよう。

 

ようやく暖かい春らしい天気になったので、ドルステニア・フォエチダをベランダへ移した。

ドルステニア・フォエチダ
冬越しできてよかった〜。これからもっと太って立派になってください。

出した途端、くまちゃんの襲撃を受けて葉っぱが一枚犠牲になった。くまちゃんの毛も絡み放題。
害獣なのか、くまちゃん。