ジャパンオープン&カーニバルオンアイス

フィギュアスケートの季節になりました。
毎年10月初めの土曜日はジャパンオープンとカーニバルオンアイス。
毎年スケート友達と数人で見に行っている。

真央ちゃん、お帰りなさい。
競技プロをまた見られるなんて!
たおやかで優雅で、またうっとりしてたらあっという間に演技が終わってしまった。
真央ちゃんの演技はいつも短く感じる。

あーー、良いものをたくさんみて、友達とたくさんおしゃべりして、美味しい物も食べて、幸せな一日だったなあ。

 

一夜明けて、友達がお土産でくれた「なみえ焼きそば」を作ったら美味いのなんの。

なみえ焼きそば
福島の友達が買ってきてくれた。評判の焼きそば。
なみえ焼きそば
この麺の太さ!
なみえ焼きそば
友達が「これでもかというくらいに、もやしを投入すべし」と言っていた。
今回キャベツも入れたけれど、1人分に対してもやし一袋(もっとあってもいい)がナイスバランスだと思う。
ソースがたっぷりあるから、もやしもたっぷりあっていい。
一人前を作ったが、大皿にたっぷりの量になった。
割り箸が華奢に見えるほど堂々とした焼きそばが出来上がった。

次回、福島へ行ったらお土産はこれにしよう〜。

パン焼きにはまりました

八月のキッチンリフォームでガスオーブンを導入したのですよ。
早く使いたくてたまらなかったところに、本屋さんで運命的な出会いが!

「ちょっとのイースト」で作る まるパンとベーグルの本
幸栄 著  主婦と生活社 生活シリーズ ¥1200

本屋さんで基本のまるパンの作り方をざっと見したら、わたしでも作れそうな気がしました。
だって基本パンの材料が『強力粉、塩、きび糖、ドライイースト、水』だけなんですよ。
その上、解説が手順ごとに写真付きでわかりやすいのです。

即座に本を買い、その足で強力粉とドライイーストを買い、翌日には初めてのパンを焼いてみました。

今までの経験から「最初の数回は失敗するはず」と思い込んでたのに、ちゃんとパンになってオーブンから出てきて驚いたのなんの。
ひとりキッチンで、熱々のまるパンをお手玉しながらウヒャウヒャしてしまいました。
あんまりに驚くと笑いがでちゃうのね。

見た目だけではなく、焼きたてをはふはふしながら食べた時の美味しさといったら!
以来、毎週なにかにつけてパン焼いてます。

 

昨日焼いたのは、豆乳入りのもっちりまるパン。

もっちりまるパン
焼き上がりの香りが素晴らしいんですよ。
写真から香ってくれたらいいのに。

焼きたてにバターとハチミツのっけて食べました。
娘からもらったカラスザンショウのハチミツが個性的な強い香りで、焼きたてパンと最高の相性。
うちにおやつを食べにおいで〜!と誘いまくりたくなります。
次はクルミを入れよう。

パンで朝ご飯

寝起きにコーヒーがどうしても飲みたくて、朝ご飯は珍しくパン。
おそらくカロリーオーバーだけど気にしない。気にしない・・・・

パンで朝ご飯
バターはたっぷりと!

オーブントースター用の耐熱皿がとても便利だ。
どんな野菜もチーズをのせて焼いてしまえばごちそうになる。
おすすめはブロッコリー。肉厚生椎茸。

新じゃがいものチーズ焼き
材料は、チンした新ジャガイモ、新タマネギ、マッシュルーム、ロースハム、シュレッドチーズかけて焼いただけ。取り分けて好みでコショウと塩をふる。

朝ご飯

まだ量が多い気がするが、朝はたっぷり食べていいのだ説を採用している。しかしおかずの品数少ないなあ。

昨日の朝ご飯

朝ご飯
卵と椎茸をチンしたもの。納豆とおみ漬け。大根と油揚の味噌汁。白いご飯。ハトムギ茶。

卵は爪楊枝で黄味をつついておけば、1分チンで崩れたゆで卵になる。急いでるときに重宝。納豆にはおみ漬け、または野沢菜を刻んだものを入れる。ここは譲れない。

今朝の朝ご飯

朝ご飯
固い豆腐のステーキ、新タマネギとおかかのせ。矢祭町のおばあちゃんの福神漬け。大根、しいたけ、落とし卵、三つ葉の味噌汁。白いご飯。ハトムギ茶。

矢祭町の物産展で買う「おばあちゃんの福神漬け」は絶品。お茶請けにも最高。近所のスーパーで買う『固い豆腐』はほんとにみっしりと固く、薄切りにしたものを大目の油で焼いて、甘辛ダレでも、塩コショウでもどっちでも美味しい。もちろん煮物にも。煮崩れない。

この頃、白いご飯を炊くときに粉末寒天をまぜている。寒天の食物繊維のおかげで、少なめの量でお腹がいっぱいになり腹持ちがいいんだそうな。味わいは変わらないと聞いたけど、ご飯のふんわりとした甘みと香りがが感じられなくなる。よーく噛んで初めて甘みが出てくる。ご飯の粒が寒天でコーティングされてるんだな。いつまで続くことやら。