タグ別アーカイブ: ピーチジャム

今日の開花

花盛りになって参りました。

去年買ったベルばらシリーズ、ロザリー・ラ・モリエールが咲きました。

ロザリー・ラ・モリエール

アプリコットがかったうっすらピンク。こんな微妙な色合いで咲くなら大歓迎。来年、再来年と盛大に咲かせてみたい。

チュチュオプティマも咲いた。

チュチュオプティマ

ベランダの中で一番健康体なのが、このチュチュオプティマ。いつもより濃いピンクで咲いた。

 

バラが咲いてベランダが明るくなった。

ミニバラ

西側のミニバラだけ集めたコーナー。遅咲きのスノーシャワーはやっとつぼみがついてきた。

ミニバラ

ベランダの東側に置いたコーヒーオベーションとフィグリア。満開!

バラのメモ

バラの画像を検索すると、つぼみと花はたくさん出てくるけれど、株全体の写真は多くない。
バラを買おうとするとき花が魅力的なのはもちろん、枝の伸び方、サイズ、広がり方はより重要だ。
特にベランダで鉢植えをするにはコンパクトにできるかどうかが最優先事項。
いつか誰かの役に立つかもしれないので、手持ちのバラのメモを残す。
今回はミニバラ。

 

コーヒーオベーション

コーヒーオベーション

新苗を購入して3年目。四本入っていたものをばらして二本植えにしている。枝の節間が詰まっていて枝が短い。とてもコンパクトな姿になっている。背は高くならず横に広がる。新芽の濃いボルドー色が魅力。

コーヒーオベーション

先進むに従ってコーヒー寄りの色になり、花びらが和紙のような風合いを持つようになる。 三年目になって花が大きくなった気がする。

メモの続きはこちらから

続きを読む

ミニバラも開花

ようやく気温が上がって、ミニバラも次々咲き出した。

コーヒーオベーション。
今年は置き場所を半日陰に移動させたからか、いつもより茶色寄りの花色で咲いた。
写真だと赤みが強く出てしまうのが残念。

コーヒーオベーション

最初の花は、巻きの中心が二つある。こういうかたちを見たのは初めて。いいことが二ついっぺんに来るお告げだといいな。

コーヒーオベーション

ころんと丸っこいつぼみからカップ咲きする。丸っこいまま開いていくカップ咲きの可愛さもコーヒーオベーションの魅力。しかも花保ちがいい。

 

レンゲローズは来週いっきに満開になりそう。

レンゲローズ

このつぼみの数! これが全部開いたら・・・・ 期待しちゃうぞ。

 

今年、咲くのが1番早かったミニバラ、ピーチジャム。
にぎやかになってきた。

ピーチジャム

花を絶やさない優等生。冬を越したら、より丈夫になったようだ。

天女様

東京文化会館で中国古典舞踊を見てきた。

神韻

神韻。群舞がとにかく豪華でどこを見てよいものかあたふたしてるうちに終わってしまった。天女の舞ってこういうのだよ、きっと。

神韻について調べたら、法輪功が母体ということで政治的にどうこうという感想を見る。実際それを物語る演目もある。
でも、わたしにとっては岡玲子の『妖魅変成夜話』や夢枕獏の『沙門空海唐の国にて鬼と宴す』の世界。
めくるめく色彩に心奪われてました。美しかったし力強かった。
最後を締めくくる演目は天女様にして欲しかったなあと、ただそれだけです。

 

今年初の開花はミニバラのピーチジャムだった。

ピーチジャム

去年より色濃く咲いたピーチジャム。ここのとこの低温と関係ありそう。

他のつぼみはまだまだ緑色。咲きそろうには時間がかかりそう。