タグ別アーカイブ: サボテン

とげとげしい方々

急に暑くなった今日この頃、トゲ持ちの方々が元気。

パキポディウム・ラメリーはトゲまで艶々してる。

パキポディウム・ラメリー

三本のトゲの下に葉っぱでワンセット。外に出したら一気に葉が増えた気がする。

 

昨日ふくらんでいたつぼみが今朝開いていた。
白檀の花はオレンジ色(昨年秋の花より色が薄め)

白檀

本体に比べると、分不相応なほど大きく派手な花。

白檀

花に隠れたがくは毛むくじゃら。美しい花のしたには野性が隠れてるのだ。それにしても、なぜこんなバランスの悪い先端に花芽がつくんだろう。去年のはこの根元に咲いた。花芽がどこにつくのか全く見当がつかない。

 

サボテンの金星は3月に購入してから順調にトゲ付き足を増やしている。真ん中の小さくのぞいてるのが二つ目の足。
トゲ足の数を数えて成長を測れるので、成長の実感がある。目覚ましい成長!

サボテン金星

金星は中央から突起を増やすタイプだった。

 

一方、金星と同時に買った白鳥はまったく動きが無い。
微妙に大きくなってるような・・・
成長してるのかそうでないのか返答が欲しい。

サボテン白鳥

白鳥の機嫌がいいのか悪いのかさえわかればなあ。動きがないと心配になる。

サボテンの花

サボテンの花と言えば、ショッキングピンクや金色黄色、派手やかな朱赤、まぶしい白の華やかな花だろうと思ってました。

そうでもないんですよ。奥様。
こんな地味な花もあるんだと知りました。
もっとつぼみが大きくなるだろうと思い込んでました。
金手鞠・・・地味・・・

サボテン金手鞠

金手鞠のつぼみがいつの間にやら開いていた。トゲより地味じゃあるまいか。

これじゃあ、つぼみのままかと思うよねえ。
でもちゃんと咲いてるんですよ。

サボテン金手鞠

拡大すると、サボテンの花らしくキラキラ。

サボテン金手鞠

花びらは水気たっぷりな感じ。

 

白檀もつぼみをつけていて、これも近いうちに咲きそうです。
白檀は去年の秋にも咲いて、晴れ晴れとした朱赤でした。
それにしてもつぼみがケモノっぽいなあ。

サボテン白檀

花びらの朱赤が透けて見えてきた。つぼみを覆っていた茶色の毛がまばらになって、ついハゲと言いそうにある。

密やかな花芽

コチレドン福娘がいつの間にか花芽を長く出していた。

福娘

花色はピンクかな。名前の福娘から想像される愛らしいピンクを希望。

 

サボテン金手鞠にも花芽らしき突起が出現していた。

金手鞠

金手鞠に花芽がでるのは初めて。大きい鉢に移したのが良かったんだな。住環境は大事だ。

春の園芸日記は書き残しておきたいこと、写真を残しておきたいことが多い。
変化が早いなあ。

多肉も出花

多肉植物たちも花を咲かせようとしている。

セトーサの花芽が成長していたんだが、どうも想像と違ってきた。

セトーサ

びょーんと伸びた花芽。青白いセトーサの花芽の茎は赤かった。

セトーサ

オレンジ色の花が咲くのかしら? ほんのちょっとモンスターが入ってる気がしてきた。

 

サボテン、白檀にも花芽がついたもよう。

白檀

花芽と子が仲良く並んだ。茶色は花芽よね?

 

八千代に噴きだしたプチプチは花芽だった。

八千代

地味だけど花がこっそり咲いていた。

植え替え日和

サボテンはかまわない方が元気に育つというけれど、ほったらかしにしすぎました。

昨日のこと、朝の水やりしようと小鉢を移動させていたら、象牙団扇(サボテン)の子供がぽろり、ぽろり。触ると固く乾いている。
象牙団扇を改めて見ると元気がない、相当元気がない。一緒に植えてあった金手鞠も元気がない。

まるまる二年小鉢のままほったからしでした。ごめんなさい。

友達からもらったときの様子

2013年1月の象牙団扇と金手鞠

2013年1月の象牙団扇と金手鞠

そこから二年と3ヶ月たった様子

象牙団扇 金手鞠

象牙団扇 金手鞠
根詰まりしているらしく具合がよろしくない・・・

さすがに危機感を感じまして、植え替え開始。
鉢から取り出したら、土がほとんど無くなってました・・

象牙団扇と金手鞠はそれぞれ水やり回数が違うのを知ったので(象牙団扇のほうが回数多め)二つの鉢にわけた。

100均で買っておいた鉢が役だった。

金手鞠

金手鞠

象牙団扇

象牙団扇

象牙団扇、棘じゃなくて毛が生えてるんだと思ってたら、しっかり棘だった!!!
刺さったらしく半日痛がゆい思いをしましたよ。
みなさんもご注意。

これで植え替えスイッチが入って、ポット苗のままほったらかしだった多肉も植えかえた。

見たい方は続きをクリック。

続きを読む