タグ別アーカイブ: クロード・モネ

バラが次々開花

バラの開花シーズン到来。
冬に植え替えを行った鉢は目覚ましく生育がいいです。しなかった鉢はそれなり。植物は正直に結果がでますなあ。
来冬は全部の鉢の植え替えしよう。そうしよう。

 

トゲ無しフィグリア

トゲ無しフィグリア

今年の開花一番乗りだったトゲ無しフィグリア。こんなにゴージャスに花が咲いたのは初めて。勢いあります。

 

コーヒーオベーション

コーヒーオベーション

コロコロの咲き始めが愛らしいコーヒーオベーション。今年の花色は好み。いつもより渋目寄り。

 

芳純

芳純

ひときわ大きく咲いた芳純。花色はやや淡かったけど香りはたっぷり。

 

フリージア

フリージア バラ

フルーティな強い香りのフリージア。混じり気の無い黄色が好き。10号鉢に3年そのままのせいか、今年は花が小さい。ただ樹形が整ってきて力強い。来年植え替えをしたら素晴らしくなるはず。むふふふ。

 

バーレッタ・フォーエバー

バーレッタ・フォーエバー

ミニバラとは思えない花の大きさ。バーレッタ・フォーエバーの赤は深くて色あせない。昨年のうどん粉まみれとは打って変わって、今年はうどん粉の被害なし。

 

ロザリー・ラ・モリエール

ロザリー・ラ・モリエール

開花したら三日目に花びらをバッサリ落とすラザリー・ラ・モリエール。去年より花がひとまわり大きいし、花付きがいい。淡いピンクがほんのりのった薄い花びらが可憐です。だがしかし花びらを散らかすナンバーワン。

ロザリー・ラ・モリエール

淡いピンクがこんもりと。ロザリー・ラ・モリエールの状態はとても良いんだけど。毎朝毎夕花びらチェックで忙しくなる。散る前にピンチ。ベランダーの掟です。

 

チュチュオプティマ

チュチュオプティマ

咲き始めた元気いっぱいのチュチュオプティマ。今までうどん粉、ハダニの被害なし。昨年二株植えだったものを二鉢に分けたら、どちらも昨年以上の勢いがある。健康優良児!

 

レンゲローズ

レンゲローズ

花かごみたいなレンゲローズ。咲き進むと花色が桃から白へ。土替えしたおかげで今年は勢いがある。まだまだつぼみが上がってきてる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クロードモネ

クロード・モネ

今年唯一心配させているのがクロード・モネ。太い枝が出てこない。細い枝にたくさんのつぼみを付けたが力が不足して開花までたどり着けない様子。摘蕾して液肥をあげた。盛り返しに期待。今年の1番花はこぶりで淡い。

 

今まだ開花がないのは、スノーシャワーと春先に購入して花が終わったグリーンランド・フォーエバー(ミニバラ)
スノーシャワーは遅咲きで、いつも開花は最後。
グリーンランド・フォーエバーは、花後についたつぼみを摘むか咲かせるかで悩む。きれいなので咲かせたい気持ちと、つぼみを摘んで本体を育てたい気持ちのせめぎ合い。今朝、うどん粉が出てるのを見つけたから摘蕾の方向かなあ。

ブルーバユーは大好きだったのだけど、昨年秋、友達に引き取ってもらった。細い枝が四方にビュンビュン伸びる性質がコントロールできなかった。残念。
限られたベランダ空間ではバラの樹形をよくよく考慮すべし。花の色香だけで選んじゃダメね。

春が来ました!

すんごい久々の更新で恥ずかしい。正月のゴロゴロが三ヶ月続くなんて。
メモしておかないと来年の園芸計画が大混乱だ。

バラの芽だし

この冬は例年より暖かい日が続いてバラも休眠してるのかしてないのか微妙な様子のまま新芽が動き出した。

レンゲローズ

レンゲローズ
どこまで切り詰めていいか迷って枝数多し。芽数が多いのでもっと切っても良かったかな。

ロザリー・ラ・モリエール

ロザリー・ラ・モリエール
葉っぱが細かくてワックス質。艶々で可愛い。葉色も瑞々しい。枝も緑。

クロード・モネ

クロード・モネ
ロザリーに比べると柔らかそうな葉っぱ。トゲがすごかったので根元近くのトゲは折った。元気そう。

芳純

芳純
葉っぱは柔らかく大きい。山菜っぽくて天ぷらにできそう。ワインカラーの色と質感で芳純とすぐわかる。

チュチュオプティマ

チュチュオプティマ
芽だしから健康体!のオーラを出しまくっている。購入して4年目に入り、2本植えだったのを二鉢に分けた。

バーレッタ・フォーエバー

バーレッタ・フォーエバー
昨年うどん粉に大人気だったバーレッタ。株がしっかりしてきた今年はきれいな姿を保てるかしら。うどん粉にやられても花弁の深い赤が美しいんだよねえ。

トゲ無しフィグリア

トゲ無しフィグリア
ミニバラらしい花が咲くフィグリア。手間無しで丈夫。今年で四年目。

コーヒーオベーション

コーヒーオベーション
冬の間まったく葉が落ちなかった。寒さに強いのか? これは三年目かな。背丈が伸びずに小さいまま維持できてありがたい。

スノーシャワー

スノーシャワー
うちのベランダでは遅咲きのスノーシャワー。芽だしも控えめ。今年2本植えから1本にした。

フリージア

フリージア
香りが良くて頑丈なフリージア。花保ちが良く無くても大好き。ベランダに明るい黄色があると元気がでる。昨年の葉が落ちたのは2月に入ってから。そのせいか芽だし遅め。

好きだったブルーバユーは株がしっかりしてきたら、樹形がベランダにあわないことがわかって友達にゆずった。
細い枝がヒュンヒュン出てその先に花が付くので、風の強い我が家では花がズタズタになってしまう。残念!

うちのベランダでは直立型の樹形を選ぶべきだなあ。
新に増やしたいけれど、これから二ヶ月、どれだけバラが大きくなるか見極めてカタログを見よう。わたしも大人になりました。

梅雨の晴れ間にバラ

バラがまたポツポツ咲き始めた。
春先ほどの勢いは無いけれど、ベランダに色が加わるのがうれしい。

クロードモネ

クロードモネ。春よりひとまわり小さく色が濃い。香りも濃い。

チュチュオプティマ

いつでも元気に花を付けるチュチュオプティマ。うどん粉もハダニも寄せ付けない優等生。

フリージアの鉢に這わせているヒメフウロソウが藪化してきたので、きれいに散髪した。

フリージア

ヒメフウロソウの散髪前

フリージア

散髪後。ああらすっきり。

バラの季節

次々咲き出した。

ロザリー・ラ・モリエールは昨年新苗で買ったもの。
昨年は花を我慢して今年ようやく実力をみることができた。
クロード・モネとロザリー・ラ・モリエールを並べておいている。
どちらもまだまだ貧弱な枝だなあ。

クロード・モネとロザリー・ラ・モリエール

左がクロード・モネ、右がロザリー・ラ・モリエール。もっと葉っぱが欲しい!

ロザリー・ラ・モリエールは昨年1個だけ花を見た限りでは、なんか微妙・・・と思っていたのだが、まとまって咲く姿をみたらうっとりです。

ロザリー・ラ・モリエール

ロザリー・ラ・モリエールはふんわりと優しい雰囲気で咲く。花びらは柔らかく淡いピンクがかる。期待しなかったのだが、よく香る。花に鼻をくっつけて楽しんでいる。花びらの感触も気持ちいい。

 

連休中に巡ったバラ園のバラが、とても元気良くて特に花首が強いのに驚嘆した。
大きなつぼみを支える花首の太くみずみずしいこと。
うちのバラはどうかなあと見渡したら、これが一番花首がしっかりしていた。
ミニバラのバーレッタ・フォーエバー。

バーレッタ・フォーエバー

まだまだ新苗に毛が生えた程度なのに、しっかりしたつぼみをあげてきた。昨年秋からうどん粉まみれだったのが、毎日の葉水で大分おさまっている。

 

全体の様子が元気なのはこれ。いつでも第一位。
チュチュオプティマ。病気無しです。

チュチュオプティマ

悲しいかな、お世話しても花は全部太陽を向く。手柄はお日様のものなのか。

花を見たいので、ぐるっと45度回しました。

チュチュオプティマ

ミニバラはやっぱり三年目から本領発揮なのだなあ。花がしっかりしている。

クロード・モネ

今年の花が昨年よりこぶりなのは、つぼみがたくさんついたからではないかと気がついた。
昨年は新苗だったので、つぼみを1個だけ残したのだった。
つぼみがたくさんつきすぎて、栄養が回りきらないのかも。

それでもクロード・モネは花びらの枚数に手抜きをしない。

クロード・モネ

花びらの重なりにうっとりする。

 

つぼみから開くまで

クロード・モネ

はじっこから順番に開いていく

クロード・モネ

半開きも可愛い

クロード・モネ

可愛いなあ

今朝はよく香っていた。
バラは見た目が3、香りが6だと思う。残り1は花びらの手触り。

淡いのと濃いのと

クロード・モネが開花。つぼみは赤が強かったのに咲いたらこんなに淡く優しく。去年のインパクトあるピンクと黄色の絞りはどこへ?
開花待ちの他のつぼみもこんなかしら。

クロード・モネ

昨年のクロード・モネとは違う花色で咲いた。ラブリー度が増してるが、影の薄い娘になってしまった。

クロード・モネの下葉が黄色くなって落ちてきてる。
花色も儚げだし、花のサイズもこじんまりだし、香りも薄いしで色々と心配になってくる。
あわててオルトランXをまいてみたがなんの意味もなさそう。
第一アブラムシもついてないし。
明日、水やりの時に液肥を入れてみよう。

 

昨年から散々うどん粉病に悩まされたバーレッタフォーエバーが開花。
こんなに深い赤で咲かれると、うどん粉がひどいからと処分はできない。

バーレッタフォーエバー

ミニバラとは思えない深い赤はとても魅力的。大事にしよう。

うどん粉病は噴霧器でこまめに霧吹きすることで大分おさまった。
この作業を葉っぱ洗いと呼んでいる。
ミニバラが本領を発揮しだすのは三年目の株からのように思う。
株が大きくなると病気もしにくいし花色も形も安定する。
あと2年、だましだまし育てよう。

バラの季節

うちのベランダもバラの新芽が一斉に伸びて、緑豊かになった。
一ヶ月前、棒三本の鉢が並んでいたのがウソのよう。
バラの成長は急激で、もうつぼみが見えてきた。
この生命力が好きなんだなあ。

今年、期待をかけているロザリー・ラ・モリエール
去年新苗で買って、秋に花を見たけれど、まだまだ株が若くて本来の力を発揮できていなかった。
さて2年目の今年は、らしい花を見せてくれるかな。

ロザリー・ラ・モリエール

ロザリー・ラ・モリエール

みずみずしい緑色を眺めるのにちょうどいい季節。
思い残すことなく愛でましょう!

続きを読む