タグ別アーカイブ: イベント

天女様

東京文化会館で中国古典舞踊を見てきた。

神韻

神韻。群舞がとにかく豪華でどこを見てよいものかあたふたしてるうちに終わってしまった。天女の舞ってこういうのだよ、きっと。

神韻について調べたら、法輪功が母体ということで政治的にどうこうという感想を見る。実際それを物語る演目もある。
でも、わたしにとっては岡玲子の『妖魅変成夜話』や夢枕獏の『沙門空海唐の国にて鬼と宴す』の世界。
めくるめく色彩に心奪われてました。美しかったし力強かった。
最後を締めくくる演目は天女様にして欲しかったなあと、ただそれだけです。

 

今年初の開花はミニバラのピーチジャムだった。

ピーチジャム

去年より色濃く咲いたピーチジャム。ここのとこの低温と関係ありそう。

他のつぼみはまだまだ緑色。咲きそろうには時間がかかりそう。

繰り返し読んでいる

老眼のせいで読書速度ががっくり落ちた。
新刊で買った本が、積んだままどんどん古びていく。

一気読みができなくなって、今まで好きだったSFやミステリを読むのが辛くなってきた。
こういうものは勢いで読みたいのよね。特に長編だと時間をおいたら前半を忘れてしまう。
欲求はあるので読み始めるのだが30ページが越えられない。

買い置きの山を横目に、気がつくと同じ本をくり返し読んでいる。

佐野洋子・そうはいかない
いとうせいこう・自己流園芸ベランダ派
などなど。

どこから読み始めてもいいし、どこで終わってもいい。
短い文章の中に共感することがたくさん詰まっている。
この頃この繰り返し本に入ったのがこれ。
メレ山メレ子さんのときめき昆虫学。

ときめき昆虫学

昆虫大学を主宰するメレ山メレ子さんの著作『ときめき昆虫学』昆虫愛と昆虫にとりつかれた人々への愛に溢れたラブリーな本。素敵写真多し。

先日出かけた『昆虫大学』も始まりはここから。
そこで買ったあれこれは、すぐに楽しんで使っている。
あれこれを友達に自慢できるのもうれしい。
ついこないだは、友達にツノゼミトートバッグを自慢した。

ツノゼミトートバッグ

一泊旅行にも最適なマメコ商会さんのツノゼミトートバッグ。丁寧な作りです。

読んで楽しむだけのところから、お出かけしてグッズを買ったり、作家さんの話を聞けたり、新しい発見があったり、世界が広がる時代なんだなあ。
しかも昆虫大学をきっかけに、ツイッターで情報を得ることを覚え、広大な外海に驚嘆している。ヤジウマな素人には広すぎる!

そうして情報に疲れたら、またくり返し本を手にリクライニングソファへ。
脳が休まります。

素晴らしき昆虫大学

昆虫大学という知る人ぞ知るスペクタクルなイベントを見に行ってきた。
娘と二人で行く予定が、娘は風邪でダウン。
今日の日記は行けなかった娘のために。これを見て羨ましがりなさい。

まずは、わたしと娘がずーっと驚嘆の目でみていた203gowさんの編み物作品から。
作品を前に203gowさんのお話が聞けて今日は素晴らしい日!

昆虫大学

編み物師203gowさんの作品が踊る会場。ワクワクが止まらない

続きを読む

浅田真央展に行ってきた

実は・・・フィギュアスケートが好きです。

特に浅田真央さん。
日本橋高島屋で浅田真央展が始まったので行ってきました。

ウインドウも真央ちゃん。
mao02

これがまたすごく素敵な一瞬ですよ!

一階、入ってすぐのところにマダムタッソー館から出張してきた真央ちゃん人形。

mao04

 

蝋人形なのに、すごくダイナミックな動きが再現されてて美しかったです。

 

8階の会場では、ジュニア時代からの衣装がメダルと共に展示されていて、今までの演技が思い出されます。
どの衣装にも真央ちゃんのコメントが付いてました。
鐘の衣装、ゴージャスでした。

会場に大型テレビが設置されていて、ずーっとソチのフリー演技を流してました。
何度も見てるのに、見る度うるっときてしまう。
周囲を見るとやっぱり目をうるうるさせている人がいっぱい。

大変に満足な1日でした。
会期中にまた行きたいなあ。