タグ別アーカイブ: ご飯

パンで朝ご飯

寝起きにコーヒーがどうしても飲みたくて、朝ご飯は珍しくパン。
おそらくカロリーオーバーだけど気にしない。気にしない・・・・

パンで朝ご飯

バターはたっぷりと!

オーブントースター用の耐熱皿がとても便利だ。
どんな野菜もチーズをのせて焼いてしまえばごちそうになる。
おすすめはブロッコリー。肉厚生椎茸。

新じゃがいものチーズ焼き

材料は、チンした新ジャガイモ、新タマネギ、マッシュルーム、ロースハム、シュレッドチーズかけて焼いただけ。取り分けて好みでコショウと塩をふる。

朝ご飯

まだ量が多い気がするが、朝はたっぷり食べていいのだ説を採用している。しかしおかずの品数少ないなあ。

昨日の朝ご飯

朝ご飯

卵と椎茸をチンしたもの。納豆とおみ漬け。大根と油揚の味噌汁。白いご飯。ハトムギ茶。

卵は爪楊枝で黄味をつついておけば、1分チンで崩れたゆで卵になる。急いでるときに重宝。納豆にはおみ漬け、または野沢菜を刻んだものを入れる。ここは譲れない。

今朝の朝ご飯

朝ご飯

固い豆腐のステーキ、新タマネギとおかかのせ。矢祭町のおばあちゃんの福神漬け。大根、しいたけ、落とし卵、三つ葉の味噌汁。白いご飯。ハトムギ茶。

矢祭町の物産展で買う「おばあちゃんの福神漬け」は絶品。お茶請けにも最高。近所のスーパーで買う『固い豆腐』はほんとにみっしりと固く、薄切りにしたものを大目の油で焼いて、甘辛ダレでも、塩コショウでもどっちでも美味しい。もちろん煮物にも。煮崩れない。

この頃、白いご飯を炊くときに粉末寒天をまぜている。寒天の食物繊維のおかげで、少なめの量でお腹がいっぱいになり腹持ちがいいんだそうな。味わいは変わらないと聞いたけど、ご飯のふんわりとした甘みと香りがが感じられなくなる。よーく噛んで初めて甘みが出てくる。ご飯の粒が寒天でコーティングされてるんだな。いつまで続くことやら。

 

気を引き締めてご飯

お正月に増えた体重がいっこうに戻りません。
あげく、わたしの着替えする姿を見ていた夫が薄笑いしながら
「太ったなあ、胴が・・こうドーンとしちゃって」
などとのたまう。
お互い様なのだ。
夫も正月のたるんだ生活で増えた体重が戻らず、体重計に乗っては嘆いている。

ここしばらく気が緩んで、食事の鉄則を忘れがちになっていた。

白ご飯100〜150グラム、手のひらのくぼみに乗る量のおかずを三種。そして具だくさんの汁物。果物。

これは夫がお医者さんから減量の指導があったとき、目安としていたルールだ。おかげで半年で8キロ減らすことができた。
わたしも体重管理ができていた。

ついつい気が緩んで、以前の大皿から取り分けるスタイルに戻したのが間違いだった。毎日が食い放題だわ。

気を引き締めて、ariari家食事ルールを再開した。
例えばこんな朝ご飯。写ってないけど大根と油揚の味噌汁付き。

朝ご飯

厚揚げ田楽・おみ漬け・ニンジンのしりしり・シソの実ご飯・ハトムギ茶

自分の食事量が把握できるように、食べるのは最初に取り分けたものだけ。途中追加は無し!(ここ大事)

さ、がんばろーーー。
空腹は脂肪の断末魔!(以前ネットで見かけた名言)