カテゴリー別アーカイブ: バラ

春が来ました!

すんごい久々の更新で恥ずかしい。正月のゴロゴロが三ヶ月続くなんて。
メモしておかないと来年の園芸計画が大混乱だ。

バラの芽だし

この冬は例年より暖かい日が続いてバラも休眠してるのかしてないのか微妙な様子のまま新芽が動き出した。

レンゲローズ

レンゲローズ
どこまで切り詰めていいか迷って枝数多し。芽数が多いのでもっと切っても良かったかな。

ロザリー・ラ・モリエール

ロザリー・ラ・モリエール
葉っぱが細かくてワックス質。艶々で可愛い。葉色も瑞々しい。枝も緑。

クロード・モネ

クロード・モネ
ロザリーに比べると柔らかそうな葉っぱ。トゲがすごかったので根元近くのトゲは折った。元気そう。

芳純

芳純
葉っぱは柔らかく大きい。山菜っぽくて天ぷらにできそう。ワインカラーの色と質感で芳純とすぐわかる。

チュチュオプティマ

チュチュオプティマ
芽だしから健康体!のオーラを出しまくっている。購入して4年目に入り、2本植えだったのを二鉢に分けた。

バーレッタ・フォーエバー

バーレッタ・フォーエバー
昨年うどん粉に大人気だったバーレッタ。株がしっかりしてきた今年はきれいな姿を保てるかしら。うどん粉にやられても花弁の深い赤が美しいんだよねえ。

トゲ無しフィグリア

トゲ無しフィグリア
ミニバラらしい花が咲くフィグリア。手間無しで丈夫。今年で四年目。

コーヒーオベーション

コーヒーオベーション
冬の間まったく葉が落ちなかった。寒さに強いのか? これは三年目かな。背丈が伸びずに小さいまま維持できてありがたい。

スノーシャワー

スノーシャワー
うちのベランダでは遅咲きのスノーシャワー。芽だしも控えめ。今年2本植えから1本にした。

フリージア

フリージア
香りが良くて頑丈なフリージア。花保ちが良く無くても大好き。ベランダに明るい黄色があると元気がでる。昨年の葉が落ちたのは2月に入ってから。そのせいか芽だし遅め。

好きだったブルーバユーは株がしっかりしてきたら、樹形がベランダにあわないことがわかって友達にゆずった。
細い枝がヒュンヒュン出てその先に花が付くので、風の強い我が家では花がズタズタになってしまう。残念!

うちのベランダでは直立型の樹形を選ぶべきだなあ。
新に増やしたいけれど、これから二ヶ月、どれだけバラが大きくなるか見極めてカタログを見よう。わたしも大人になりました。

ロザリー・ラ・モリエールの花吹雪

九月前半はバラの夏剪定の時期なのだけど、うちではベランダに花が絶えるのはさみしいので、ポツポツ咲かせてはその都度切り戻しをしている。

特にこのロザリー・ラ・モリエールは恐ろしくて開花を揃えたくない。

バラ ロザリー・ラ・モリエール

愛らしい色、素朴な雰囲気が大好きだ。
ロザリー・ラ・モリエール
秋花は春より花びら少なめ、すぐ反り返る。

いっときに咲いたら、それはそれは見事なのだけど、開花三日目にバッサーと散るのですよ。

バラ ロザリー・ラ・モリエール

ちょっと触れたら、この有様ですよ?
むしってないですよ?
開いて三日目の朝にはこうなる儚さ。

油断したら、この花びらが大量に近隣に飛んでいく・・・・
ベランダ栽培では避けたい事態。
なのでポツポツ剪定ポツポツ栽培。つぼみがふくらんだら即切り花。

ベランダ栽培では困りものだけれど、それがこのバラの良さのひとつなんだろうな。
庭の片隅を一気に淡いピンクで覆ってしまうところを想像している。
ロザリー・ラ・モリエールの花吹雪を1度見てみたい。
お庭に植えてらっしゃる方、おたくのロザリーはどんな具合?

暑いのが好きらしい

この数日の30度越え。
うちのベランダはおそらく40度近いはず。
熱風が土をカラカラにしていく。
そんな中でも元気に葉を茂らせている植物たちに驚嘆する。

芳純

この暑さに咲かせるのは、株にとって良く無いと思いつつ、開花の華やかさを味わいたくて一輪の贅沢をする。
芳純。

 

センペルビウムは暑さに弱いらしいので、おっかなびっくり観察している。
大きくなって子株もたくさん吹いて、花芽もついた。
このまま夏を突っ走れ!

センペルビウム

暑さが苦手なセンペルビウムだが、洗濯ものの影に入って、ちょうどいい遮光具合らしい。今のところ元気。

 

ビオラセアは暑いのが大好きらしい。
気温が上がって以来、ひとまわり大きくなった。

ビオラセア

ビオラセアは葉っぱも玉も大きくなった。玉の艶々が魅力的。精力的に分球中。

梅雨の晴れ間にバラ

バラがまたポツポツ咲き始めた。
春先ほどの勢いは無いけれど、ベランダに色が加わるのがうれしい。

クロードモネ

クロードモネ。春よりひとまわり小さく色が濃い。香りも濃い。

チュチュオプティマ

いつでも元気に花を付けるチュチュオプティマ。うどん粉もハダニも寄せ付けない優等生。

フリージアの鉢に這わせているヒメフウロソウが藪化してきたので、きれいに散髪した。

フリージア

ヒメフウロソウの散髪前

フリージア

散髪後。ああらすっきり。

帰宅の後のベランダ

泊まりがけ旅行で気になるのは、くまちゃんとベランダの植物。

くまちゃんは気に入らないことがあると布団やマットにオシッコすることがあるので、長時間の外出は大変に気がかりなのだ。
特に今回、土曜の夜に地震があり、自宅周辺も結構な揺れだったらしく、くまちゃんが怯えておもらししたのではと不安だった。

ビクビクしながら帰宅したら、びゃーびゃー鳴きながらお出迎えしてくれた。
くまちゃんのご機嫌を取りつつ部屋中の臭いを嗅いで回った。
今回はセーーーーーーーーフ!!!

 

残るはベランダの鉢植えたち。
水切れ厳禁なバラにはカエルの水やりを設置していった。

カエルの水やり

口いっぱいに貯めた水が、徐々に土に染みこむ仕組み。

結果、どの鉢も大丈夫だった!
日曜は雨だとの予報だったが、朝から晴天で風の強い一日だったので、心配していたけれど全部無事だった。
唯一、スノーシャワーの花だけが風で傷んでいて切り戻しをした。
それでも今日には勢いを盛り返して花とを咲かせた。
強い子はいい子!

スノーシャワー

乾燥した風にやられてしまったが、本体は元気。

他のバラはカエルの水やりのおかげでどれも元気。

芳純

芳純

ブルーバユー

ブルーバユー

バーレッタ・フォーエバー

バーレッタ・フォーエバー

フリージア

フリージア

これで夏のお出かけも怖くない。

赤城山へ出かけた・その2

ぐんまフラワーパークに着いたときは30度越えの暑さ。
せっかく盛りのバラも暑さ負けで花びらが傷み気味。もったいない!
しかし、逆に考えるとこの暑さの中強くたくましく咲いてる品種は、強健種。
加えて花びらが雨に強い優秀な品種なわけで、手に入れたいバラがどんな具合なのか確認できるナイスばら日和とも言える。

 

黄色いバラに目が行く。

バラ

品種忘れ。花びらの反りやふくよかな形が素敵。

ばら

よりふくよかな黄色にピンクの覆輪。品種忘れ。

ばら ユリイカ

このアプリコットがかった黄色が実に素敵だなと思ったら、以前から気になっていたユリイカだった。やっぱりいいなあ。

バラ ポールセザンヌ

これも以前から気になっていたポール・セザンヌ。モネより派手!

暑くてたまらず木陰をさがす。
バラのアーチ、バラの小道。

バラのアーチ

トンネルの中は花が少ないけれど、外側にはびっしり花が付いてます。

 

一重の野バラを感じさせるクライミング性のミニバラが噴水のように仕立てられていて見事!

ミニバラ 安曇野

手前は安曇野

安曇野

暑さをはねのける元気の良さ。安曇野いいなあ。

つるミニバラ

こちらはより野バラの雰囲気。品種忘れ。残念。でも和名だったはず。

木陰に入ると涼しい風が心地よいのに、日なたは暑い!
そしてバラは日なたの植物!!

バラ園

旺盛に咲き誇るバラ達。ごめん暑くてちゃんと見てない。ああもったいない。

バラ第二陣

1番花はほぼ咲き終わったけれど、遅咲きのバラ、早く咲き終えて2番花を準備しているバラのつぼみがふくらんできた。
毎朝ワクワクしながらバラのつぼみの様子を見守っている。

 

芳純

芳純

早くも2番花のつぼみが丸くなってきた芳純。赤くへろんとした新葉が特徴。

 

ブルーバユー

ブルーバユー

最初のつぼみが春先の冷え込みで全滅したブルーバユー。枝先を切っておいたら、ちゃんとつぼみを上げてきた。もうすぐ花が見られる。バラは生長が早くてありがたい。

 

うっとりバラのつぼみを観察していたら、わたしの背後でくまちゃんがミニバラの鉢を1個、花台から落とした!
ぐああああ!
わたしの叫びにギョッとしたくまちゃん、一目散にいつもの定位置に逃げ込みました。
なぜ被害者面する? このお〜。

くまちゃん

様子をうかがってたのもほんの数分。くまちゃんの反省は続かない。というか反省してない・・・