カテゴリー別アーカイブ: お出かけ

ジャパンオープン&カーニバルオンアイス

フィギュアスケートの季節になりました。
毎年10月初めの土曜日はジャパンオープンとカーニバルオンアイス。
毎年スケート友達と数人で見に行っている。

真央ちゃん、お帰りなさい。
競技プロをまた見られるなんて!
たおやかで優雅で、またうっとりしてたらあっという間に演技が終わってしまった。
真央ちゃんの演技はいつも短く感じる。

あーー、良いものをたくさんみて、友達とたくさんおしゃべりして、美味しい物も食べて、幸せな一日だったなあ。

 

一夜明けて、友達がお土産でくれた「なみえ焼きそば」を作ったら美味いのなんの。

なみえ焼きそば

福島の友達が買ってきてくれた。評判の焼きそば。

なみえ焼きそば

この麺の太さ!

なみえ焼きそば

友達が「これでもかというくらいに、もやしを投入すべし」と言っていた。
今回キャベツも入れたけれど、1人分に対してもやし一袋(もっとあってもいい)がナイスバランスだと思う。
ソースがたっぷりあるから、もやしもたっぷりあっていい。
一人前を作ったが、大皿にたっぷりの量になった。
割り箸が華奢に見えるほど堂々とした焼きそばが出来上がった。

次回、福島へ行ったらお土産はこれにしよう〜。

銀座へお出かけ

銀座で開かれている「ウルトラ植物博覧会」を見てきた。
珍しくて魅力的な植物たち!

亀甲竜

亀甲竜はいつ見てもかっこいいよねえ。こんなに大きく育つのにはどのくらいかかるんだろう?

仏手柑

ほんとに黄色い手が生えてるように見えた仏手柑。見えるでしょ?

仏手柑

仏手柑を反対側から見ると、手じゃなくてエイリアン。

アデニウム

大きなアデニウム。くまちゃんが昼寝できる空間がある。細長い種のサヤが下がっていた。

ガガイモ

横たわるショウガと思いきや、ガガイモの仲間。
魅惑のマダム感。

ライオン殺し

ライオン殺しの種。手のひら大のトゲトゲが見るからに凶悪。

サンゴアブラギリ

是非うちのベランダにと欲が出る可愛さ。サンゴアブラギリ。

良いもの見られて今日はお出かけ大成功。

 

眼鏡屋さんも回って、新しいリーディンググラスを作った。
老眼鏡って言わないのね(笑)
度が進んでしまい、陶芸の細かい作業がすすまなかったのですよ。
新しい眼鏡が出来上がるのが楽しみ。とってもオシャレなのだ〜。

 

ありぽん陶芸部、更新しました。
飯椀にまたまた挑戦の巻きです。

福島へ小旅行

先日の土日、娘と娘のお友達、わたしと夫の4人で福島県いわき湯本温泉へ出かけてきた。

土曜日、娘達はリカちゃんキャッスルへ。
わたし達夫婦は阿武隈洞へ。

阿武隈洞はこんなとこ。

阿武隈洞

1番広々とした鍾乳洞の大広間。
実際はこんなに色つきでは見えないのにカメラに収めると色とりどりで驚く。

阿武隈洞

ホラーな鍾乳石。妖怪岩と名付けられていた。

阿武隈洞

こっそり未知の生き物が休んでるみたいな鍾乳石。

阿武隈洞

キノコ岩と名付けられてる鍾乳石。
キノコの裏のヒダヒダはまさしくこんなよね。

阿武隈洞は年間を通じて15度。
出口付近にはワインがたくさん寝かせてありました。
良い貯蔵庫になるらしい。

阿武隈洞は山道をずいぶんと登った採石場で発見された。

阿武隈洞

削られた岩肌、この中にまだ公開されてない鍾乳洞が大きく長く広がってるそうな。

見晴らしいいよ〜。

阿武隈洞

左奥に見えるのは天文台。

阿武隈洞

深呼吸したら気分すっきりの良いお天気。

阿武隈洞

斜面はラベンダー畑。ちょうど咲き始めたところだった。

 

翌日日曜日。
アクアマリンふくしまへ。

アクアマリンふくしま

わくわく!

あくあまりんふくしま

福島の自然を模した温室内のモミ。葉の先が二股に分かれてるのはモミ、別れてないのはカヤ。と娘達から教わった。

アクアマリンふくしま

熱帯温室のオオバナサルスベリ。温室は楽しい。

アクアマリンふくしま

熱帯温室の魚。明るい水槽を悠々と泳いでる様が気持ちよさげ。

アクアマリンふくしま

ナメダンゴ

アクアマリンふくしま

大きなイソギンチャク

アクアマリンふくしま

ぐっすり昼寝のユーラシアカワウソ。

あくあまりんふくしま

ダレダレ。

アクアマリンふくしま

可愛い。ヒゲの毛穴がたまらないユーラシアカワウソ。

バックヤード見学にも参加した。
ボランティアガイドさんが案内してくれます。
人が集まり次第順次出発。定員がないのでありがたい。

アクアマリンふくしま

海獣の餌やり指数。大きいしよく食べる!

アクアマリンふくしま

魚を運ぶトラック。ミニチュアがお土産売り場にあったので買いました。

アクアマリンふくしま

トラックの荷台。黒のネット模様は、魚が衝突するのを防ぐのとストレス軽減のために、いけすのネットを模しているのだそう。

アクアマリンふくしま

運搬車用駐車場の壁。段差は震災の時に駐車場側だけ地盤が落ちたから。段差が激しい・・・・

アクアマリンふくしま

バックヤードは水を管理する為の設備がみっしり詰まってる。

アクアマリンふくしま

アクアマリンふくしま

水族館も公開になってない部分が肝心な部分。

アクアマリンふくしま

水槽内の岩は中が空洞。

アクアマリンふくしま

水槽のアクリル板はこんなに分厚いんですよ!
貼り合わせても透明感が維持できていてすごい。

 

アクアマリンふくしまは水生生物に親しむコーナーがとても充実している。
もし孫ができたなら・・・ 一緒に磯遊びしようと妄想がふくらむ。

アクアマリンふくしま

タッチプールでヒトデとネコザメとナマコに触れます。

アクアマリンふくしま

おやつはごんべあいす。ごんべはシーラカンスのこと。シーラカンスのぼりを見上げ、腰に手を当てて食べよう。

お昼に食べたキンメの煮付け定食がボリュームあって美味しかった。
アクアマリンの近くのお店で。

キンメ煮付け

キンメの煮付け大好き。

お土産に買ってきたドンコの干ものが凶悪そうでいながら美味しかった。

どんこの干もの

顔怖い! だが美味しい!!

いわき湯本温泉で宿泊した宿のご飯も美味しかった。
美味しいものにあたった旅行は大成功。

pontaさんと五反田へ

五反田で開かれた多肉植物バザールへpontaさんとふたりで行ってきた。
見たことのない珍しい植物がぎっしり。
ベランダの空きスペースと財布の中身には限りがある、と自分に言い聞かせながら、こんなの買ってきた。

多肉植物バザール

ガガイモ三つ、短毛を生やしたカタクリの葉っぱのようなのがレスノバメガフィラ。おまけにサザランもいただきました。ありがとう。

葉っぱがとても魅力的なレスノバメガフィラ。
pontaさんもこれを買ったので、ふたりのうちどっちかでも生き残ってくれたらいいな。

レスノバメガフィラ

葉っぱの質感が独特で面白いレスノバメガフィラ。名前がなかなか覚えられない。

 

五反田から新宿へ移動して、クリナップのショールームでシステムキッチンを見てきた。
扉の色を何にするか迷っていたけど、実際に見てみたら心が決まった。
失敗してもいいや。好きなようにしよう。
pontaさんが一緒に行ってくれて、ほんとにありがたかった。
冷静な意見をありがとう。

 

メモ
今日のお昼を食べた五反田のハンバーグ屋さんが美味しかった。五反田に行ったらまたいこう。

赤城山へ行った・その4

二日目は雨の予報を裏切って快晴。
赤城山山頂近くの覚満淵を散策した。

覚満淵

標高高いです。標高1360メートル。下界は30度越えでもここに吹く風はまだ冷たい。さむっ!

遊歩道の入り口はネットのカーテンがあった。

覚満淵

シカが多いらしい。この遊歩道入り口以外にも何カ所かシカ避けのネットが張られていた。シカが荒らさない場所の植生のデータを取っているんだそう。

覚満淵

一周1.5キロの気持ちの良い遊歩道だった。

歩いている間中、エゾハルゼミの鳴き声とウグイスの声が途切れない。

覚満淵

夏が近づくにつれ、ここに湿地帯の植物が繁るんだろうな。覚満淵の半周まできたあたり。

覚満淵

シダの原っぱ。黒く見えるのはシダの胞子体。

遅い春がきていて、シダは胞子体を出してる最中だった。

覚満淵

最初、何かがとりついてる!とぎょっとした(笑)

覚満淵

キャビアっぽい。

別の種類のシダも胞子体を出してるところだった。

覚満淵

シダも面白い形をしていて興味深い。

覚満淵

ほぼ一周まわってきとところ。半分の行程は、幅の広い木道が設置されていて、歩きやすい。途中何カ所か休憩のベンチもあるのでお散歩には最適。

覚満淵には遅い春が来たばかりだった。
空はがんがん照っているのに、吹き抜ける風が冷たい。
半袖では鳥肌が立ってしまう涼しさ。

周囲のつつじは、まだつぼみだった。

覚満淵

大きな花を咲かせるつつじで、実際の色合いはもうちょっとシックなレンガ色寄りの赤だった。

覚満淵

つつじは余り好きではなかったのだけど、山の中でこの色に出会うとはっとする。魅力がわかった。

春が遅いので、オタマジャクシもまだ足が生えてない。

覚満淵

オタマジャクシが岸辺にぎっしり。

以上、赤城山へ行った日記は終了。
街中へ出かけるより山の中が好きだと再確認した。

赤城山へ出かけた・その3

ぐんまフラワーパークの大きな温室が楽しい。
どの植物も勢いよく伸びてて気持ちよさそう。

温室

大きなシダ!

バナナの木

バナナ!

タコノキ

タコノキ!

ビヨウタコノキ

ビヨウタコノキ!

トックリヤシ

トックリヤシ!

コウモリラン

コウモリラン!

モンステラ

モンステラ!

ヒスイカズラ

ヒスイカズラ! 花芽を探したけれどまだ付いてない様子。

温室

なにかカッコイイ葉っぱ!

コブラオーキッド

メガクリニウム!(コブラオーキッド)

コブラーキッド

コブラオーキッド! 小さい突起が花らしい。

不思議な植物がたくさん詰まってる温室はいいよねえ。

赤城山へ出かけた・その2

ぐんまフラワーパークに着いたときは30度越えの暑さ。
せっかく盛りのバラも暑さ負けで花びらが傷み気味。もったいない!
しかし、逆に考えるとこの暑さの中強くたくましく咲いてる品種は、強健種。
加えて花びらが雨に強い優秀な品種なわけで、手に入れたいバラがどんな具合なのか確認できるナイスばら日和とも言える。

 

黄色いバラに目が行く。

バラ

品種忘れ。花びらの反りやふくよかな形が素敵。

ばら

よりふくよかな黄色にピンクの覆輪。品種忘れ。

ばら ユリイカ

このアプリコットがかった黄色が実に素敵だなと思ったら、以前から気になっていたユリイカだった。やっぱりいいなあ。

バラ ポールセザンヌ

これも以前から気になっていたポール・セザンヌ。モネより派手!

暑くてたまらず木陰をさがす。
バラのアーチ、バラの小道。

バラのアーチ

トンネルの中は花が少ないけれど、外側にはびっしり花が付いてます。

 

一重の野バラを感じさせるクライミング性のミニバラが噴水のように仕立てられていて見事!

ミニバラ 安曇野

手前は安曇野

安曇野

暑さをはねのける元気の良さ。安曇野いいなあ。

つるミニバラ

こちらはより野バラの雰囲気。品種忘れ。残念。でも和名だったはず。

木陰に入ると涼しい風が心地よいのに、日なたは暑い!
そしてバラは日なたの植物!!

バラ園

旺盛に咲き誇るバラ達。ごめん暑くてちゃんと見てない。ああもったいない。