養老の滝

居酒屋でない、本物の養老の滝。

養老天命反転地から沢沿いの道を上っていくと養老の滝。

けっこうな上り坂だけれど、新緑のトンネルを歩くとてもいい散歩道だった。

養老の滝
ほぼ全部カエデ

あっちを見てもこっちを見てもカエデ。紅葉のシーズンはさぞかしと思う。だがしかし、柔らかな葉が開きだしたこの季節の色も最高。

小さい生き物も動き出してる。

ニホントカゲ
ニホントカゲかな

そこかしこから鳥のさえずりが聞こえる。

娘が野鳥に詳しくなっていて教えてもらえた。ガイドさん付きだと楽しさ倍増。
黒白のシマシマでギイギイ鳴くのがコゲラ。
尾っぽを立てて水遊びしてたのがカワガラス。
同じく水際をちょんちょん走っていたのがキセキレイ。

オオルリ
気持ちよくさえずっていたオオルリのオス

 

登った先に養老の滝が見えてくる。

養老の滝
養老の滝

いつまでも休んでいたいような場所だった。滝の周りの苔やらシダやら大変に魅力的。
すぐ脇に売店があって休める。もっと歩きたい人には登山道も。

 

よく遊んでよく歩いたので、お腹が空いた。
せっかくなので飛騨牛食べてきた。旨い!
贅沢してよかった。

飛騨牛
自分で焼くスタイル

美味しいとうなずき合えるのは幸せだなあとしみじみ思う一日だった。

出がけに道順間違えて険悪になったのはもう忘れた(はず)

養老天命反転地

養老天命反転地という名前だけみると怪しげな宗教団体の本部なのではと不安になるが全くそんなことはなく、岐阜県養老町にある養老公園の中の一施設です。

養老公園と養老天命反転地の詳しい案内はこちら

 

娘と養老天命反転地を目指して遠足。まだ4月だというのに真夏日!

養老町の山並み
気温は30度近いが、まだ4月。山の上方はようやく芽吹きの季節。

 

駐車場が広くてすぐ駐車できた。

養老天命反転地の注意書き
養老天命反転地、入り口の注意書き

運動靴は全てに優先して準備すべし。

加えて帽子をかぶることと、荷物はリュックにまとめて両手が使えるようにすれば、存分に楽しめると思う。

当たり前だけどスカートはだめよ。中に入ると座り心地のいいベンチなどないので座れそうな地べたを探して休むしかない。たいていざらついてる。丈夫な素材のパンツがおすすめ。

 

大岩を積み上げた『昆虫山脈』
とりあえず登る! 子供時代の記憶では簡単に登れるはずだったが想定外に怖いぞ。

昆虫山脈中腹
昆虫山脈

てっぺんから反転地中央方向を見る。

昆虫山脈てっぺん
昆虫山脈てっぺん

 

大きな岩を積み重ねた『昆虫山脈』から見た『極限で似るものの家』
中に入ってうろうろしてたら、あっという間に娘とはぐれた。

極限で似るものの家
極限で似るものの家

『極限で似るものの家』の周りには唐突に大穴(直径三メートルほど深さもそれくらい)があり必要最小限に一部分しかガードがないので、調子に乗って走るとそのまま穴に落ちそう。

 

平らなとこ、まっすぐなとこは無い! いつでも自分か風景が斜めっている。

娘が歩きながら

「既視感がある、これゼルダのマップに似てない?」

言われしまうともうそれにしか見えなくなってくる。困った。

養老天命反転地

養老天命反転地

養老天命反転地

養老天命反転地

 

ほんのちょっと移動して振り返るとさっきとは別の風景が広がっている。
本当に面白い場所だった。

暑いのが好きらしい

この数日の30度越え。
うちのベランダはおそらく40度近いはず。
熱風が土をカラカラにしていく。
そんな中でも元気に葉を茂らせている植物たちに驚嘆する。

芳純
この暑さに咲かせるのは、株にとって良く無いと思いつつ、開花の華やかさを味わいたくて一輪の贅沢をする。
芳純。

 

センペルビウムは暑さに弱いらしいので、おっかなびっくり観察している。
大きくなって子株もたくさん吹いて、花芽もついた。
このまま夏を突っ走れ!

センペルビウム
暑さが苦手なセンペルビウムだが、洗濯ものの影に入って、ちょうどいい遮光具合らしい。今のところ元気。

 

ビオラセアは暑いのが大好きらしい。
気温が上がって以来、ひとまわり大きくなった。

ビオラセア
ビオラセアは葉っぱも玉も大きくなった。玉の艶々が魅力的。精力的に分球中。

神代植物園へ藤を見に行く

お天気いいので神代植物園へ藤の花を見に行った。
ここ数年、藤を見に行ったら盛りが過ぎていた。
今年は先んじて見に行くことにした。

長く伸びた藤棚はつぼみから満開まで、品種ごとにきれいな姿を見せていた。
曲がりくねった枝から若葉が噴きだしてる様子も勢いがあっていい。

藤
今日見に来て良かった。このくらいの咲き進み具合が1番好きだ。

もっと藤を眺めたいというかたは続きをどうぞ。

“神代植物園へ藤を見に行く” の続きを読む