雨降りのベランダ

ひさしのあるベランダだけれど、風の強い日は雨が吹き込む。
多肉の入ったボックスをベランダの奥まったところに避難させた。
先日、組み立てた室外機カバーの上にもひとつ。
室外機の熱の影響があるかと思っていたが、室外機とカバーの間の空間が大きいことと木製(しかも材に厚みがある)のおかげで、カバーの上は他の花台と変わらぬ温度だった。
置き場所がひとつ増えてにんまり。

多肉植物
風雨の強いときの避難場所にうってつけの室外機カバー。

 

ほったらかしていたオンコクラータが育っていた。

オンコクラータ
冬の間は落葉していたオンコクラータ。
気温が25度をこえたあたりから葉っぱがでて成長を始めた。
黄緑色のところが最近の成長部位。
こんなところにも、くまちゃんの毛が絡んでいてとほほ。

 

くまちゃんはベランダの植物という植物に毛を残していく。
しかし最近はベランダの熱気に恐れをなして、でるのは早朝と夜のみ。

くまちゃん
箱を二つ並べたら、小さい箱が好みのよう。
エアコンの効いた部屋でぐうたらする箱入り息子。しかも二重箱。