赤城山へ行った・その4

二日目は雨の予報を裏切って快晴。
赤城山山頂近くの覚満淵を散策した。

覚満淵
標高高いです。標高1360メートル。下界は30度越えでもここに吹く風はまだ冷たい。さむっ!

遊歩道の入り口はネットのカーテンがあった。

覚満淵
シカが多いらしい。この遊歩道入り口以外にも何カ所かシカ避けのネットが張られていた。シカが荒らさない場所の植生のデータを取っているんだそう。
覚満淵
一周1.5キロの気持ちの良い遊歩道だった。

歩いている間中、エゾハルゼミの鳴き声とウグイスの声が途切れない。

覚満淵
夏が近づくにつれ、ここに湿地帯の植物が繁るんだろうな。覚満淵の半周まできたあたり。
覚満淵
シダの原っぱ。黒く見えるのはシダの胞子体。

遅い春がきていて、シダは胞子体を出してる最中だった。

覚満淵
最初、何かがとりついてる!とぎょっとした(笑)
覚満淵
キャビアっぽい。

別の種類のシダも胞子体を出してるところだった。

覚満淵
シダも面白い形をしていて興味深い。
覚満淵
ほぼ一周まわってきとところ。半分の行程は、幅の広い木道が設置されていて、歩きやすい。途中何カ所か休憩のベンチもあるのでお散歩には最適。

覚満淵には遅い春が来たばかりだった。
空はがんがん照っているのに、吹き抜ける風が冷たい。
半袖では鳥肌が立ってしまう涼しさ。

周囲のつつじは、まだつぼみだった。

覚満淵
大きな花を咲かせるつつじで、実際の色合いはもうちょっとシックなレンガ色寄りの赤だった。
覚満淵
つつじは余り好きではなかったのだけど、山の中でこの色に出会うとはっとする。魅力がわかった。

春が遅いので、オタマジャクシもまだ足が生えてない。

覚満淵
オタマジャクシが岸辺にぎっしり。

以上、赤城山へ行った日記は終了。
街中へ出かけるより山の中が好きだと再確認した。

“赤城山へ行った・その4” への2件の返信

    1. 緑が濃いところはいいよねえ。
      胞子体へんでしょ〜。取って付けたようにそこだけ動物的なのよね。

コメントは受け付けていません。