赤城山へ出かけた・その2

ぐんまフラワーパークに着いたときは30度越えの暑さ。
せっかく盛りのバラも暑さ負けで花びらが傷み気味。もったいない!
しかし、逆に考えるとこの暑さの中強くたくましく咲いてる品種は、強健種。
加えて花びらが雨に強い優秀な品種なわけで、手に入れたいバラがどんな具合なのか確認できるナイスばら日和とも言える。

 

黄色いバラに目が行く。

バラ
品種忘れ。花びらの反りやふくよかな形が素敵。
ばら
よりふくよかな黄色にピンクの覆輪。品種忘れ。
ばら ユリイカ
このアプリコットがかった黄色が実に素敵だなと思ったら、以前から気になっていたユリイカだった。やっぱりいいなあ。
バラ ポールセザンヌ
これも以前から気になっていたポール・セザンヌ。モネより派手!

暑くてたまらず木陰をさがす。
バラのアーチ、バラの小道。

バラのアーチ
トンネルの中は花が少ないけれど、外側にはびっしり花が付いてます。

 

一重の野バラを感じさせるクライミング性のミニバラが噴水のように仕立てられていて見事!

ミニバラ 安曇野
手前は安曇野
安曇野
暑さをはねのける元気の良さ。安曇野いいなあ。
つるミニバラ
こちらはより野バラの雰囲気。品種忘れ。残念。でも和名だったはず。

木陰に入ると涼しい風が心地よいのに、日なたは暑い!
そしてバラは日なたの植物!!

バラ園
旺盛に咲き誇るバラ達。ごめん暑くてちゃんと見てない。ああもったいない。