バラのメモ

バラの画像を検索すると、つぼみと花はたくさん出てくるけれど、株全体の写真は多くない。
バラを買おうとするとき花が魅力的なのはもちろん、枝の伸び方、サイズ、広がり方はより重要だ。
特にベランダで鉢植えをするにはコンパクトにできるかどうかが最優先事項。
いつか誰かの役に立つかもしれないので、手持ちのバラのメモを残す。
今回はミニバラ。

 

コーヒーオベーション

コーヒーオベーション
新苗を購入して3年目。四本入っていたものをばらして二本植えにしている。枝の節間が詰まっていて枝が短い。とてもコンパクトな姿になっている。背は高くならず横に広がる。新芽の濃いボルドー色が魅力。
コーヒーオベーション
先進むに従ってコーヒー寄りの色になり、花びらが和紙のような風合いを持つようになる。 三年目になって花が大きくなった気がする。

メモの続きはこちらから

 

レンゲローズ

レンゲローズ
購入して2年目。強い枝がでてまとまらない姿に(笑)
そこも魅力のうちだと思って自由にのびのびさせておこう。
レンゲローズ
花も小さいけれどゆるーい伸びやかさがある。柔らかいピンクがほんとに可愛い。

 

トゲ無しフィグリア

トゲ無しフィグリア
ひ弱なひょろ苗も四年目。株元ががっちりしてきた。
トゲ無しをうたっているが、たまに小さな柔らかいトゲを出す。油断してると痛い思いをする。
枝がしなやかに伸びるので夏には涼しげ。
とげなしフィグリア
フィグリアは多分ミニバラのスタンダードタイプだと思う。昔ながらのバラらしい花をつける。小さな一輪挿しにいれると映える。

 

ピーチジャム。

ピーチジャム
去年、あまりの愛らしさに買ってしまった一冬越してひとまわり大きくなった。去年は酷暑の中でも旺盛に花を付けていた。咲き終えたものは花だけつまんでる。

 

おまけメモ

うどん粉病対策には朝晩の霧吹きが1番効果があると思う。
うどん粉が出てしまったら、水で洗い流している。

手動蓄圧式噴霧器
1リットル入りの手動蓄圧式噴霧器。うちのベランダでは1リットルで充分間に合う。容量が少ないので取り回しも楽。細かい霧から、うどん粉を洗い流すジェット水流まで調節できる。ベランダの頼もしい仲間だ。