沼津深海水族館の私的見どころ

沼津深海水族館へ行ってきた。
面白かったことをメモしておく。

図鑑で見かけて以来、気になっていた生物、カワテブクロ。
よく男性のあれに似てると引き合いに出されるカワテブクロ。
実際に本物を見たら、そうでもなかった。
スエード製の手袋ですよ、これ。
ネーミングに間違いは無かったカワテブクロ。

カワテブクロ
質感はスエード。曲げた腕にしわが寄る感じもスエード製の何かに見える。
カワテブクロ
先の方から管足が出てます。

裏側はこんな風。

カワテブクロ
切れ込みに管足を収納してるらしい。
カワテブクロ
動き出すときには、ここから管足を大量に繰り出すんだろうか?

面白かったものが他にも色々。

カワテブクロはそんなにキモくなかったです。
キモかったのは次の三つ。

 

テズルモズル

テズルモズル
テズルモズル。クモヒトデの一種で、腕が分岐してそれぞれぐるぐるしてるらしいのだが、こんなにたくさん分岐した腕をどうコントロールしてるのか考えると頭が痛くなる。

 

タコクモヒトデ

タコクモヒトデ
この腕の様子が腸を連想させる。クモヒトデは外さないなあ。

 

ニチリンヒトデの仲間

ニチリンヒトデ
このむっちり感。中年女の二の腕というか、太りすぎの指というか、肉感的な脚というか・・・ 生々しい。

ねーーー、かなりきてるでしょ?

 

どの水槽にも、イソギンチャクやウミトサカがふんだんに入れられていて、楽しい。

アデヤカキンコ
鮮やかな色のはアデヤカキンコというナマコの仲間だそう。見たまんまの名前で覚えやすい。
イソギンチャク
全てうごめいてます。見てて飽きない。
イソギンチャク
手を突っ込んだらどうなるかしら。

 

他では見ない面白いものがたくさんあった。

入館料のレシートがそのまま入館チケットだった。

冷凍シーラカンスがある。そしてデカイ!

デンキナマズの展示についている解説ビデオは、飼育員さん達が水槽に手を突っ込んでデンキナマズを触ってはのけぞる映像だった。

うずくまるメンダコは時折耳だけ動かす。その様は猫のよう。

ミョウガガイ、君は何者?

 

ダイオウグソクムシ
水族館の外壁のディスプレイ。ダイオウグソクムシはまんま革工芸のような質感。
深海魚バーガー
深海魚バーガーがとても気になる。

“沼津深海水族館の私的見どころ” への2件の返信

  1. やっぱり深海はひと味違うんだね。
    ちょいマニアック。
    Miuにフィギュアが付いてたこともあったのにね。

    1. サンシャインや葛西にあるような華やかな水槽は皆無だけど、おどろおどろしいのが並んでた。
      水族館も面白いし、場所柄(沼津港の中)周囲の散歩も面白いとこだったよ。
      食べ歩きたいが胃袋はひとつだ・・・

コメントは受け付けていません。